東芝テックとNTTこむが業界初の画像認識型無人レジシステムの学習自動化に向けた実証実験

東芝テックとNTTコミュニケーションズは、NTTグループのAI技術corevoの一つである「アングルフリー物体検索技術」を活用した画像認識型無人レジシステムの運用自動化に向けた実証実験を、東芝テックの関係会社であるティー・ティー・ビジネスサービスが運営する「オーバルコート大崎マークイースト事業所内売店」にて実施します。

日本社会における労働力人口の減少は流通小売業においても大きな課題で、レジ業務を省人化する無人レジシステムの取り組みは、この課題を解決する方法の一つと言えます。

無人レジでは、各種センサー、カメラ(画像認識AI)で商品を自動認識することで、消費者がストレスフリーな購買を体験できます。しかし一般に、商品の自動認識を画像認識AIで行うためには、予め当該商品をさまざま条件で大量に撮影し、それらの画像をAIに学習させることが必要です。無人レジの実現にあたっては、その稼働が最大の課題となります。

このたび東芝テックとNTT Comは、「アングルフリー物体検索技術」によってこの稼働を削減する実験を行います。また、消費者が無人レジシステムを利用する過程で、AIの学習に必要な商品画像を自動的に登録し、効率的に学習する仕組みについて検証します。

実証実験の概要

  • 期間:2019年11月29日~2020年1月31日
  • 対象:東芝テックグループ従業員
  • 実施店舗:東芝テック オーバルコート大崎マークイースト事業所内売店
  • 実験内容
    ① カメラ付きの専用台に、複数の商品を並べ、画像認識により一括で商品を特定。画像情報が無く商品が認識できなかった場合は、利用者がかわりに手動でバーコードをスキャン。画像情報と商品情報をひもづけることができます。次にその商品が購入されたときには画像で商品が認識できるようになります。
    ② 画像・商品マスターから特定した商品のJANコードを抽出し、二次元コード化します。
    ③ スマートフォンで二次元コードを読み取り、一括でレジ登録を行います。従来のセルフレジの運用である、商品一つ一つの「バーコードを探す」、「バーコードをスキャンする」といった操作をなくします。
    ④ 会計は予め紐づけられた従業員番号に従い、給与引き去り決済を行います。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事