未分類

ケニアなどの赤十字社はブロックチェーン現地通貨を展開へ

ノルウェー、デンマーク、ケニアの赤十字社は、コミュニティでの取引を円滑にし、経済活動を促進するために、ブロックチェーンに裏打ちされた「現地通貨」展開する事をトムソン・ロイターが報じました。

ロムソン・ロイターより

このプロジェクトは、災害前後のニーズを満たすために、赤十字(国連に次いで最大の人道援助国)から現金とバウチャーとして配布される援助で年間10億ドルの使用を改善することを目指しています。

新しい通貨は、携帯電話で転送され、ブロックチェーンで自動的に記録されたクレジットを使用します。彼らは、スラムに住む人々や村人に労働力の支払いを許可し、地元の商品やサービスで得たクレジットを使うことができます。

(略)

新しいプログラムはケニアで拡大し、マラウイ、ミャンマー、ジンバブエ、カメルーン、パプアニューギニアでも展開され、今後2年間で32万人のユーザーにリーチすることを目指しています。

-未分類

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.