アソビューで新宿御苑がキャッシュレス入苑!混雑緩和や来園者の利便性向上を目的にWEB事前購入を試行的に実施

日本最大級の遊びのマーケットプレイス「アソビュー!」は、2019年11月28日(木)より、混雑緩和と来園者の利便性向上を図るため、環境省が所管する新宿御苑の入園券を「アソビュー!」のwebサイト上で事前購入できる取組を、試行的に実施します。

新宿御苑は約65種類、およそ1000本の桜が次々と咲き誇る都内屈指の桜の名所で、お花見の時期などには混雑が集中し、入園の際には30分程度の待ち時間が発生してます。また新宿御苑の来園者数は、2013年から右肩上がりに増加し2018年の来園者数は約230万人となっており、その約半数を外国人が占めています。

(出典:環境省新宿御苑管理事務所)

実施概要

  1. 実施開始日:11月28日(木)から事前購入開始
    ・URL:https://www.asoview.com/item/ticket/ticket0000003430/
  2. 事前購入が可能な入園券等の種別
    ・一般入園券(500円)
  3. 有効期間:購入日から6ヶ月後まで有効
  4. 入園方法:入園券購入者に付与されるQRコードを入園ゲートに掲出するだけで入場可能(有人窓口でもQRコード読み込み可能)。

取り組みのポイント

①混雑緩和と購入窓口業務の効率化

新宿御苑の最繁忙期である3月~4月には、約100万人、最盛期の休日には1日あたり最大で約6万5千人を超える来園者が、当日現地で入園券を購入する必要があったため、窓口が混雑していても並ぶ必要がありました。本取組で、事前に入園券を購入できるようになることで、窓口の混雑が解消され、人件費の削減に繋がります。

②2025年に向けたキャッシュレス促進

国は、2025年までにキャッシュレスが先進しているインバウンドにも対応するべく、キャッシュレス決済比率を40%に引き上げることを目標としており、京都の世界遺産・元離宮二条城や、日本最古の博物館 東京国立博物館など、日本の名だたる観光地では、すでにチケット購入におけるキャッシュレス化が進んでいます。
今後、新宿御苑の来園者は、WEB上で簡単にキャッシュレス決済が可能になるため、利便性が向上し、さらなるインバウンド増加に大いに期待することができます。

③来園者データの取得と活用

従来まで新宿御苑に入園するには、当日現地券売所で紙の入園券を購入する方法のみだったため、来園者の年齢や性別データなどを十分に取得できていませんでしたが、オンライン決済手段が増えることで来園者のデータを貯蓄し、今後に活用することができます。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事