ローソンが人手不足対策として深夜は売場に店員を配置せずセルフ決済するスマート店舗(深夜省人化)実証実験を開始

ローソンは、2019.8/23(金)AM0時より約半年間、ローソン氷取沢町店(横浜市磯子区)で人手不足への対策として、深夜時間帯には売り場に店員を配置せずセルフ決済するスマート店舗(深夜省人化)の実験を行います。

smart-life.meより

実験内容

1.スマート対応(深夜省人化)時間帯

午前0時から午前5時

2.入店方法

①事前にローソンアプリに登録された入店用QRコードを利用

②近隣のお客様に配布した入店カードを利用

③入店管理機器で顔写真を撮影後の入店

3.決済方法

「ローソンスマホレジ」又は「自動釣銭機能付きの完全セルフレジ」(※)

(※)自動釣銭機機能付きPOSレジで、電子マネー・クレジットカード・バーコード決済などのキャッシュレス決済 に加え、現金での支払いが可能

4.販売商品

たばこ・酒類の免許品・カウンターファストフーズ・切手類・収納代行やチケット発券など、店員による対応が必要な商品・サービスを除く商品

5.店員配置

1名はバックヤードで勤務

(今後、店員を配置しない営業も実施予定)

実験店舗概要

■店舗名:ローソン氷取沢町店

■住所:神奈川県横浜市磯子区氷取沢町425-1

■実験期間:2019年8月23日(金)午前0時から約半年間

実験期間中には、取り扱い商品の拡大や、システムや運用方法の見直しなどを行う予定で、店舗オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、お客様の声などを検証した上で、その後の拡大展開を検討するとの事です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事