LINE PayがWeChat Payとの連携を開始!年間838万人の中国訪日客を加盟店のポテンシャルカスタマーに訪日客数上位二カ国のサービスとの連携を開始しインバウンド強化へ

LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:高 永受)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」( http://line.me/pay )において、本日より、「WeChat Pay」との加盟店における連携を開始いたしますので、お知らせいたします。

店舗・企業側は「LINE Pay」を新規導入する際に「LINE Pay Global Alliance」で提携する「NAVER Pay」「WeChat Pay」も一緒に加盟店申請、審査などの手続きを一度におこなうことができるほか、売上も「LINE Pay」と合算して管理することが可能になります。

また「WeChat Pay」の加盟店手数料は「LINE Pay」と同じく2021年7月31日まで0%で提供されます。

提携によるユーザーメリット

11.18億人以上が利用するSNSアプリ「微信(WeChat)」ユーザーが訪日した際、同アプリ内で提供される決済サービス「WeChat Pay」を使って「LINE Pay」加盟店のQRコードを読み込むことで、お支払いが可能です。

ユーザーは、日本旅行のために新規で決済手段を用意する必要なく、普段使っている決済サービスで、「WeChat Pay」にチャージした残高から支払いが可能になます。

提携による加盟店メリット

国内の「LINE Pay」加盟店にとっては、6月に開始した年間約 750 万人が日本に訪れる韓国の「NAVER Pay」に加え、訪日客数No.1の中国からの年間838万人の観光客も取り込み可能になり、店頭決済のアクティブ化につながります。

急激に活性化する日本国内ユーザーによる決済のみならず、インバウンド客向けサービスとしてもご利用可能で、また申込みや精算が一本化されるため、効率的に使用できます。

プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事