地図上に様々なIoT情報を表示する「スマートマップ」iOS/Android対応アプリをリリース

IoTクラウドを提供し企業支援をするIoTBASEは、多様なセンサー情報を地図上に可視化できるアプリ「スマートマップ」をリリースしました。

プレスリリースより

スマートマップとは

IoT端末から取得したセンサー情報を地図上に可視化できるアプリで、非キャリア系LPWA回線( LoRaWAN、Sigfox、ZETA、ELTRESなど)から、LTE-Mなどのキャリア系LPWA回線まで複数のIoT通信回線に対応します。子どもや高齢者の見守り、車両管理などさまざまな、そして幅広いユースケースで利用が可能。

特徴

(1)使いやすいUI
地図に特化したシンプルなUIで、ITに不慣れな方でも直感的に操作可能

(2)多様なセンサーとユースケース
多岐にわたるセンサー端末と連携できる他、高齢者・子どもの見守りやアセット管理まで幅広く対応

(3)主要なLPWAをカバー
目的やユースケースに合わせて、複数の通信規格から選択/同時利用可能

(4)管理画面でかんたん運用
通信端末の数が増えても管理画面で一括管理

スマートマップご利用シーン

・事業者向け
所在管理/車両管理/工場設備監視/インフラ監視/ガス水道遠隔検針/カメラ映像監視

・自治体向け
防災(被災者救助)/デマンドバス/斜傾・斜面監視/水位監視/街灯管理/施設管理

・コンシューマ向け
子ども見守り/高齢者見守り/ペット見守り/貴重品・鍵管理

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事