エコモット「AIがお店の空席状況をLINEで応答!飲食店向け自動応対サービスAITELL(アイテル)」を提供開始

エコモットは、飲食店の店内画像をディープラーニングによって解析することで人数をカウントし、来店前の空席状況の問い合わせに対してLINE BOTで自動的に応答する、飲食店向け自動応対サービス「AITELL」(アイテル)ベータ版を8/5より一部ユーザーに向けて先行提供します。

空席状況お知らせサービス

「AITELL」(アイテル)は、飲食店とその利用者が恒常的に抱えている課題を、わずかなコスト負担で解決することができる「空席状況お知らせサービス」です。

サービス名が示すとおり、空席状況を「AI」が教え(TELL)てくれることで、「行ってはみたけど満席だった。」というユーザーの不満と、「空席状況の問い合わせ電話が多すぎて大変。」という飲食店スタッフの悩みを、多くの人が使い慣れたメッセージングプラットフォームであるLINEのコミュニケーションを利用して解決します。

空席状況を自動で判断

飲食店はモバイル通信機能付き画像センサ(ピープルカウンター)を店舗内に設置することで、店舗内画像を5分間隔でクラウドに送信。ディープラーニングを用いたオブジェクト検出アルゴリズムによって人数をカウントし、あらかじめ設定した席数との比較によって空席状況を判定します。

プライバシー保護の観点から、応答時の店内画像には加工が施され、人物もアイコンで表現されるため、性別や個人の特定はできません。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事