NTTグループのテルウェル東日本が非接触ニーズや小売店の効率的運営に対する要望に応え入店から商品選択決済までをスマホで完結させ購買データを活用しバックヤード業務を効率化する店舗向けスマート化ソリューション『スマートアSMARTORE』提供開始

テルウェル東日本株式会社は、新型コロナ禍における非接触ニーズや小売店舗における効率的運営に対する要望に応えるため、入店から商品選択、決済までをスマートフォンで完結し、購買データを活用した店頭、バックヤード業務を効率化する『店舗向けスマート化ソリューション』を軸とした事業を新たに開始します。非接触型決済、購買データ解析等のICT機能に加え、店舗開設時のプロデュースから構築、運営支援等も担いながら地域に根差した当社ならではの新しいストア展開のサポートを目指します。

1.背景と目的

日本の少子高齢化率は主要先進国で最も高い水準にあり※1、特に小売・卸売業は、製造業と並んで産業別労働人口が多い業種となっている※2ことから、労働力不足の深刻化が予想されます。また、新型コロナウイルスの影響により、来店客と従業員双方の安心と安全を守るため、人を介さない現場オペレーションや購買行動が求められる一方で、オフィスワーカー利用の多い店舗では、テレワークにより来店者数が減少し、店舗維持への効率化が急務とされています。テルウェル東日本は東日本電信電話株式会社と共同で取り組んだスマートストアの実証効果を踏まえ、このような社会課題や環境の変化に対応した無人でも運営可能※3な店舗向けスマート化ソリューションのご提供を軸とした事業を開始し、人口減少社会、そしてSDGsに即した社会システムを推進するとの事です。

※1 内閣府「高齢化社会白書」「少子化社会対策白書」
※2 総務省統計局「労働力調査(基本集計)2021年」
※3 陳列や清掃は人手により行います。

2.事業概要

(1)店舗向けスマート化ソリューション『スマートアSMARTORE』の提供

  1. 「スマートストアアプリ決済」による非接触購買とスタッフ稼働の省力化
    スマートフォンアプリによる利用者決済によりレジ稼働を効率化し低コストな運営をサポートします。
  2. データドリブンによる最適な店舗運営
    アプリ購入データに基づく購買解析に加え、店内に設置のAIカメラ映像解析を組み合わせることで、お客様導線を特定し、利用者属性にマッチした商品選定、棚割りの改善、効率化を図ります。
  3. 適正な仕入れによる機会ロス、廃棄ロスの削減
    POSデータのみを参考にした仕入数ではなく、過去の来店者数、天候、気温、降水量等の気象データによる来店者予測から商品別の購入見込数を導き出すことで、機会ロスや廃棄ロスの削減を図ります。
  4. レコメンドによる来店機会の創出
    購買データ解析による属性に合わせた新商品等のレコメンド、在庫一斉値下げによる売切り情報等、アプリを介してPUSH通知することで、特定需要者への来店機会創出をサポートします。

<スマートア SMARTOREのイメージ>

スマートア SMARTOREのイメージ

<ご来店者の商品選択から決済までの流れ>

ご来店者の商品選択から決済までの流れ

<スマートア SMARTORE概要>

https://www.telwel-east.co.jp/products/smartore/

(2)スマートストア運営に伴うコンサルティングサービスのご提供

既存の運営店舗からの切り替えや、新店舗開設時のプロデュースから構築、運営支援等、弊社既存サービスのオフィスコーディネート事業、清掃事業のノウハウも活かしながらスマートストア店舗としてトータルでコーディネートいたします。

(3)ご提供開始時期

2022年7月より提供

3.今後の展開

従業員や地域のお客様が時間に捉われずいつでも利用できる環境や、人手不足等に課題を抱える事業者様との店舗改善を進め、個人生産者や地元商品を扱う店舗とも連携した魅力ある品揃え、地域活性へ繋がる店舗サポートを進めてまいります。また、店舗での実商品販売以外にも、カタログ、サンプル品等でアプリを介したモバイル機能により近隣、遠隔店舗と連携したオーダー発注型の仕組みや、スマートフォンをお持ちでないお客様でもご利用可能な仕組みも検討してます。将来的には、次世代型としてカメラ映像の解析と重量センサーの組み合わせにより、誰がどんな商品を手に取ったかを認識し、自動的に決済が完了する、よりよいユーザ体験を実現する店舗の提供も進め、「ビジネス環境をより快適に」「暮らしをより豊かに」をスローガンにニューノーマルの時代にあった地域密着のスマートストア展開を目指します。

sauce:PressRelease

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事