羽田空港発のリムジンバスとして初となる「羽田空港~横浜駅(YCAT)発着便」でNFCコンタクトレス決済(Visaのタッチ決済)を初導入

京浜急行バス株式会社、三井住友カード株式会社、レシップ株式会社、QUADRAC株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、2022年7月15日(金)から1年間、京浜急行バス株式会社が運行する「羽田空港~横浜駅(YCAT)線」「横浜駅(YCAT)~羽田空港線」において、三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用し、「Visaのタッチ決済」の実証実験を行います。なお、羽田空港発のリムジンバスとしては、初の取り組みです。

本実証実験では、レシップが提供するキャッシュレス運賃収受器「LV-700」を車内に設置し、乗車時にお客さまがお持ちのVisaのタッチ決済に対応したカードまたはスマートフォン等を同収受器にかざすだけで決済が完了し、バスにご乗車いただけます。Visaのタッチ決済の導入により、当該路線を利用する場合に券売機での乗車券購入や交通系ICカードにチャージする必要なく、バスを利用することができます。あわせて、移動から買い物・宿泊といった一連の購買行動が、手持ちのタッチ決済対応カード1枚で実現します。また、世界約200の国と地域で普及している、Visaのタッチ決済のご利用で直接ご乗車ができるようになることで、交通系ICカードをお持ちでない訪日外国人利用客の利便性の向上を図ります。


概要

1.期間

2022年7月15日(金)~2023年7月14日(金)

2.対象路線

羽田空港~横浜駅(YCAT)線(運賃:大人590円)
羽田空港~横浜駅(YCAT)線は羽田空港各ターミナルと横浜駅(YCAT)間をダイレクトに結ぶ空港リムジンバスです。羽田空港第1ターミナルおよび第2ターミナルでは飛行機の出発および到着フロアと同一フロアにバスが発着するため、バスと飛行機の乗り継ぎも大変スムーズになっています。また、本路線はNFCコンタクトレス決済以外にも、現金・乗車券類・交通系ICカード・スマートフォン決済等でのご乗車も可能です。

※「横浜駅(YCAT)~東京ビッグサイト(お台場)線」の横浜駅(YCAT)~羽田空港間では利用不可

3.導入目的

普及が進むキャッシュレス決済に対応し、運賃決済方法の多様化を図ることで、旅客の利便性向上を図りキャッシュレス決済の推進により国内利用者の他、海外利用者の利便性を高める。

4.利用方法

ご乗車時に乗務員にご申告の上、バス車内に設置する端末機にかざすことで利用が可能です。

乗降履歴確認方法

交通事業者向け決済及び認証のプラットフォームを提供するQUADRACのQ-moveサイト(https://q-move.info/)にアクセスいただき、「マイページ」の会員登録手続きの後ご覧いただけます。

5.Visaのタッチ決済について

NFCコンタクトレス決済(Visaのタッチ決済)は日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。対応の端末にタッチ決済対応のVisaカード(クレジット・デビット・プリペイド)または、スマートフォン等をかざすだけで、サインも暗証番号の入力も不要※で、スピーディかつ 安心・安全にお支払いが完了します。ご利用頂ける店舗は、コンビニエンスストア、ファストフードレストラン、スーパー、飲食店、ドラッグストア、書店、百貨店、商業施設など、日常生活における利用シーンがますます拡大しています。国内の対応カードの発行枚数は、7100万枚、利用可能な端末数も100万台を超えており、公共交通機関では、既に世界500の公共交通機関で導入、国内においても多くのプロジェクトが進行中で、幅広いシーンで拡大しています。

※一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

6.stera transit について

決済プラットフォーム「stera」は、キャッシュレス導入に際した課題を解決するため、三井住友カードが、GMOペイメントゲートウェイ・GMOフィナンシャルゲートおよびVisaと共同で構築した事業者向け決済プラットフォームです。「stera transit」は、「stera」の決済プラットフォームと国際ブランドの非接触決済「タッチ決済」を活用した公共交通機関向けソリューションです。現金・事前チャージの必要がないという消費者の「利便性向上」に加え、「感染症予防対策」「インバウンド受け入れ環境の整備」「地域のキャッシュレス決済促進」など、交通分野にとどまらない幅広い効果も期待されます。また、「stera transit」の技術は、MaaSやスマートシティの認証基盤としても活用できます。今後も、全国各地で導入を予定しております。

7.LV-700について

「LV-700」は、レシップが提供する多様なキャッシュレス決済手段に対応可能な運賃収受器です。クレジットカードなどのカード決済だけでなく、FeliCaやQRコード決済にも対応できるため、今後の様々なキャッシュレス決済への拡張性も期待できます。小型で防滴性能を備え、耐久性、メンテナンス性に優れていることから、バス車両内の設置において、乗客の利便性、事業者の運用、維持管理が容易となります。レシップは、バス用運賃箱において国内シェア約60%の導入実績があり、「LV-700」は既に運用されている運賃箱をはじめとした運賃収受システムと連携できることを特徴としています。既存の運賃箱を介して「LV-700」の操作を行うことができるため、導入に関する現場の運用負担を少なくすることができます。

8.各社の役割

京浜急行バス株式会社バスの運行、旅客案内
三井住友カード株式会社キャッシュレス決済導入支援、steraプラットフォーム提供
レシップ株式会社キャッシュレス決済用端末およびシステムの開発・提供
QUADRAC株式会社交通事業者向け決済および認証に関するSaaSプラットフォーム(Q-move)提供
ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社Visaのタッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーション

sauce:PressRelease

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事