Panasonic・関西エアポート・アリペイジャパンが 関空でキャッシュレス決済機能付きショーケースの実証実験

パナソニック株式会社は関西エアポート株式会社とアリペイジャパン株式会社と共に、関西国際空港第1ターミナルビルの国際線ゲートエリアで、キャッシュレス決済機能付きショーケースで物販の実証実験を 2020年1月24日(金)から30日(木)まで行うと発表しました。

【実証実験概要】

  1. 期間)2020年1月24日(金) ~ 1月30日(木) 8:00~20:00
  2. 場所)関西国際空港 第1ターミナルビル 国際線ゲートエリア中央部

AlipayのQRコード決済に対応したパナソニック製ショーケース(インナーボックスタイプ、画像認識タイプ)各2台を試験的に設置して中国人旅行客に対して人気の高いお菓子を販売します。特に混み合う春節期間中にこの実証実験を行い、無人店舗としての運用性、利便性、ショーケースの性能や操作性などを検証するとの事です。

【インナーボックス】
商品をタッチパネルで選択後し表示されるAlipayのQRコードをスマホで読み取り決済。完了するとケースの扉と購入した商品のボックスが解錠。 12個の鍵付きボックスとタッチパネルモニタ搭載。

【画像認識】
スマホでタッチパネルに表示されるAlipayのQRコードを読み取り先にデポジット金額を決済。決済が終わるとケースの扉が解錠。重量センサと画像認識で商品と数量を判別。タッチパネルに購入金額が表示されその後、購入を確定すると残金を返金。 タッチパネルモニタとカメラ・重量センサを搭載。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事