南海電鉄が和歌山港線の『自動運転実証試験』に向け事前準備を7月から開始へ

blurred motion of illuminated railroad station in city

南海電気鉄道株式会社は、株式会社京三製作所と和歌山港線における自動運転に関する実証試験に向けて、2022年7月より順次準備を進め2023年度から実施予定です。

自動運転の実証試験に向けて、(1)各種設備を、京三製作所と共同で開発し、車両や和歌山港線へ設置することに加えて、(2)自動運転システムに係わる検討・評価を、関係省庁や有識者で構成する第三者委員会とともに行います。なお、実証試験の具体的な内容は、決定次第改めてお知らせいたしますが、和歌山港線において、昼夜、試運転車両を用いて、運転士が乗務した状態で、安全性の検証や課題の抽出を目的に実施する予定です。

1.実証試験開始に向けた準備の内容

(1)車上設備、地上設備の整備(ハード面の整備)
・車上設備として、自動運転を行うための自動列車運転装置と、自動運転を行う車両の乗務員のため
の操作表示部を新設します。
・地上設備として、これまで運転士が確認・判断していた情報(信号機の現示や走行経路情報など)を、
車両の自動列車運転装置に伝達するための設備を一部新設します。

(2)自動運転システムに係わる検討・評価の実施
・自動運転を行うための各装置の機能や精度の確認のほか、安全性や安定性、異常時の取扱いなどに
ついて、関係省庁や有識者で構成する第三者委員会による検討・評価を実施します。

2.準備の開始時期

2022年7月から

3.実証試験の予定場所

和歌山港線(和歌山市~和歌山港駅 ※営業キロ程:2.8Km)

4.その他

省エネ運転等による「CO2 排出量削減」も目指して、自動運転システムの開発を進めてまいります。

現在想定している2023年度開始予定の実証試験について

1.実証試験の目的

係員付き自動運転システムの開発に向けた、安全性の検証及び課題の抽出。

2.目標とする自動化レベル

GoA2.5(係員付き自動運転)

3.実証試験の実施予定時期

2023年度予定

4.実証試験の運営について

昼夜の試運転車両において、運転士が乗務した状態で実施します。
※お客さまが乗車する列車では実証試験を行いません。

5.その他

詳細が決定次第、再度お知らせします。

sauce:南海電鉄公式webサイト

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事