東武鉄道と JR 東日本がドライバレス(自動)運転実現に向け協業に向け検討

東武鉄道株式会社と東日本旅客鉄道株式会社(JR 東日本)は、少子高齢化や働き方改革などにより社会環境が変化する状況においても、効率的でサステナブルな鉄道経営を維持し、より安全でかつ利便性の高い輸送サービスの実現を目指し、ドライバレス運転導入の検討、開発を行っており、 両社は、ドライバレス運転や保安装置の仕様の共通化などによって、導入のスピードアップや開発コストの軽減に向け、協力して検討を進めることをリリースしました。

東武鉄道の自動運転の取り組み

・ 2023 年度以降に東武大師線においてドライバレス運転にあたる添乗員付き自動運転(GoA3)実施に向けた検証試験を進めています。
・ 試験車両による前方支障物検知システムの検証試験を、2021 年 9・10 月の日中時間帯、また2022 年 2 月の夜間時間帯に明るさの条件を変えて実施しました。
・ 2022 年度には前方支障物検知システムを仮設搭載し、営業運転車両で検証試験を実施します。

JR 東日本の自動運転の取り組み

・ 将来のドライバレス運転(GoA3)実現のため、ATACS(無線式列車制御システム)の導入や、高性能な ATO(自動列車運転装置)などの必要な開発を進めてます。
・ 山手線のお客さまが乗車している営業列車(2編成)で、2022 年 10 月頃から 2 カ月程度自動運転を目指した実証運転を行い、 性能の確認や知見の蓄積を行います。
・ 車両前方にステレオカメラを搭載して障害物をリアルタイムで自動検知する、車両前方の障害物検知システムを開発しており、2023 年度から営業列車へ搭載し、データの蓄積、機能改善を継続します。

東武鉄道と JR 東日本の検討協力内容

東武鉄道と JR 東日本は 2022 年 1 月に覚書を締結し、自動運転システムとそれに伴う保安設備に関し、技術検討を協力して進めます。

【参考】 鉄道の自動化レベル(乗務形態による分類)

sauce:東武鉄道公式JR東日本公式

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事