QualcommがSnapdragonXR2プラットフォームを搭載した2代目ARグラスはワイヤレスに

Qualcomm Technologies、Inc.は、Snapdragon®XR2プラットフォームを搭載したワイヤレスARスマートビューアリファレンスデザインを備えた次のコンピューティングプラットフォームである拡張現実(XR)を実現するためのもう1つのマイルストーンを発表しました。コードフリーのリファレンスデザインは、OEMとODMがよりシームレスかつコスト効率の高いプロトタイプを作成し、軽量でプレミアムなARメガネを市場に投入して、メタバースのロックを解除する没入型エクスペリエンスを実現するのに役立ちます。 

優れたパフォーマンス、スリーカーデバイス

専用のプレミアムSnapdragon XR2プラットフォームは、強力なパフォーマンスをスリムで小型のARガラスフォームファクターに詰め込みました。Goertekによって開発されたARリファレンスデザインハードウェアは、40%薄いプロファイルと、より人間工学的にバランスの取れた重量配分3を備えており、快適性が向上しています。SeeYAは、目あたり1920 x 1080、最大90Hzのフレームレートを可能にするデュアルマイクロOLED双眼ディスプレイと、シームレスなAR体験を提供するモーションブラーのない機能を提供します。スマートビューアのデュアルモノクロカメラと1つのRGBカメラにより、6自由度(6DoF)のヘッドトラッキングとジェスチャ認識を備えたハンドトラッキングが可能になり、ARの精度が向上します。

妥協のないワイヤレス

システムレベルのアプローチを採用したリファレンスデザインにより、ワイヤレス分割処理アーキテクチャでスマートフォンとARガラス間でコンピューティングワークロードを分散できます。真に没入型のAR体験を実現するために、デバイスはスマートフォンとARガラスの間で3ミリ秒未満の遅延を実現します。FastConnect 6900ソリューションを使用すると、リファレンスデザインは妥協のないWi-Fi 6 / 6EおよびBluetooth®接続を提供し、ユーザーが市販されている最速の速度と拡張された範囲を受信できるようにします。新しいFastConnectXRソフトウェアスイートシステムインテグレーターと組み合わせることで、アプリケーション開発者は次のような最適化された機能を利用できます。

  • XRトラフィックの制御と優先チャネルアクセスを改善して、M2R2P(モーションからレンダリング、フォトン)の遅延を改善し、ジッターを減らし、不要な干渉を回避します。
  • より長く持続的なXRエクスペリエンスの遅延パフォーマンスに影響を与えることなく、低電力動作用の専用の電力モードを含めます。クアルコムテクノロジーズは、プレミアムテクノロジーとフォームファクターのイノベーションを組み合わせることで、ARを大衆に拡大するための多様な消費者および企業のニーズを引き続き実現します。ワイヤレスARスマートビューアーのリファレンスデザインは、一部のパートナーが利用でき、今後数か月でより多くの可用性が期待されます。

sauce:Qualcomm Technologies, Inc. 

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事