楽天LIFULL STAY、中長期滞在向け宿泊施設「Rakuten STAY CONDOMINIUM 東心斎橋」をオープン

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社は、中長期の滞在ニーズにお応えする集合住宅型の宿泊施設「Rakuten STAY CONDOMINIUM」の第1号店となる「Rakuten STAY CONDOMINIUM 東心斎橋」を2020 年4月7日(火)にオープンし、4月3日(金)から同宿泊施設の予約受付を開始しました。

「Rakuten STAY CONDOMINIUM」特設ページ
https://vacation-stay.jp/contents/guest/featured-acomm/rakuten-stay/condominium/post-5891/

【左上】エントランスと「あんしんステイIoT」のタブレット端末 【右上】キッチン

【左下】リビング兼寝室 【右下】天井照明プロジェクター使用イメージ

「Rakuten STAY CONDOMINIUM」は、楽天LIFULL STAYが物件オーナー向けに宿泊施設の開発から施工、運用までを一括代行するサービス「Rakuten STAY」の新ブランドで、集合住宅型の宿泊施設として新たに展開します。すべての客室に調理器具、冷蔵庫、電子レンジを備えたキッチンと洗濯乾燥機などを完備しており、旅行者は家で暮らすような感覚で同施設に滞在することができます。また、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入しているため、共用エントランスに設置したタブレット端末での無人チェックイン・チェックアウトや、電気錠システムによる部屋の入退室が可能なほか、24時間365日警備会社の緊急駆け付けを受けられる防犯システムにも対応するなど、宿泊者が安全に過ごせるためのサービスが充実しています。一方、物件オーナーにおいては、「Rakuten STAY CONDOMINIUM」は多数の客室がある集合住宅型構造であることから、限られた土地を有効活用できるだけでなく、将来的には賃貸住宅への転用もしやすいといった利点があります。このたびオープンする「Rakuten STAY CONDOMINIUM 東心斎橋」は、大阪の中心地に位置する地上8階建て、全35室の集合住宅型宿泊施設です。大阪府大阪市の特区民泊制度を利用しているため、2泊3日から滞在が可能(注)です。今後は「Rakuten STAY CONDOMINIUM」を都市部に加えてリゾート地へも展開し、旅行者へ新たな宿泊体験を提供していくとともに、物件オーナーの様々なニーズに応えてまいります。

(注) 大阪府大阪市の国家戦略特別区域法に基づく旅館業法の特例制度を活用した国家戦略特別区域外国人滞在施設(特区民泊)の認定要件として、最低宿泊日数が2泊3日に定められています。

■「Rakuten STAY CONDOMINIUM 東心斎橋」について所在地:大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目8-2アクセス:大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅から徒歩7分、同堺筋線長堀橋駅から徒歩3分企画・コンセプトデザイン:株式会社グリフォン設計・施工:スターツCAM株式会社( https://www.starts-cam.co.jp/ )運用代行:楽天LIFULL STAY株式会社営業形態:特区民泊予約受付開始日:2020年4月3日(金)オープン日:2020年4月7日(火)宿泊料金(1室1泊):3,980円(消費税・宿泊税・手配手数料込)から
※価格は時期、宿泊予約サイト等により変動します。
※特区民泊施設のため、お客様の最低宿泊日数は2泊3日からとなります。予約方法:「Vacation STAY」をはじめ国内外の宿泊予約サイトより予約可能敷地面積:389.72平方メートル延床面積:1342.34平方メートル 客室:約29平方メートル構造:RC造8階建て階数:地上8階部屋数:35室定員:4名主な設備詳細:キッチン、冷蔵庫、電子レンジ、天井照明プロジェクター、ドラム式洗濯乾燥機、無料Wi-Fi

■「Rakuten STAY」について
「Rakuten STAY」は、宿泊・民泊施設の運営を希望する法人・個人を含む不動産オーナーに対し、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスです。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、アメニティーグッズの利用や付帯サービスを受けることができるようになります。民泊を利用したことがないお客様も安心して宿泊・民泊施設を利用してもらえる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大を目指しています。

■楽天LIFULL STAY株式会社所在地:東京都千代田区丸の内三丁目4番1号代表者:代表取締役 太田 宗克事業内容:宿泊・民泊予約サイト事業、宿泊施設・民泊施設運用代行事業など設立年月:2017年3月ウェブサイト:https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

sauce

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事