道の駅としての利便性向上とコンテナ利用による無人化運営を目指し「道の駅いちかわ」にコンテナ型スマートストア『いちかわGo』をオープン!!

日本メックス株式会社、は地元商材のブランド力、魅力度を高めた販売機会創出による地域への貢献と、新型コロナ禍における非接触ニーズを受け、入店から商品選択、決済までをスマートフォンで完結する店舗として千葉県市川市の「道の駅いちかわ」敷地内においてコンテナ型スマートストアをオープンします。なお、オープンにあたっては、店舗の運営に適した店舗スタイルとしてのコンテナの設計、施工については、株式会社ピースノート、スマートストア運営に必要なICTサービス、AIを活用した需要予測等のサービスについては、東日本電信電話株式会社の支援を得て運営してまいります。

1.背景と目的

新「道の駅」のあり方として地方創生、観光を加速する拠点として全国に活動が進められており、新たに目指すステージとしてネットワーク化で活力ある地域デザインにも貢献することが挙げられています。※1

また、新たなインバウンド観光拠点としてキャッシュレス化も進んでいる一方で、個別の「道の駅」に目を向けると、人手不足、担い手不足の中で、多くの利用者を受け入れるための多くの業務等を日々実施している厳しい実情もあります。また、新型コロナウイルスの影響により、来店客と従業員双方の安全と安心を守るため、人手を介さない現場オペレーションや購買行動が求められています。

この度、日本メックス、ピースノート、NTT東日本では、このような環境の変化を踏まえ、「道の駅いちかわ」における更なる利便性向上と効率的な店舗運営に向け、環境に配慮した「コンテナ型」による無人でも運営可能な地域密着型のスマートストア※2として、「いちかわGo」を開設し、ニューノーマルの時代に即した店舗形成を目指してまいります。

  • ※1国土交通省新「道の駅」のあり方検討会提言
  • ※2陳列や清掃は人手により行います。

2.『いちかわGo』の店舗概要

スマートフォンのアプリにより、入店から商品選択、決済までをお客さまご自身で完結することで、レジ待ちをなくし、密接・密集を避けた非接触の購買を実現します。

店舗については、入店のしやすさを重視の上、頑丈で災害時のフェーズフリーとしても運用できるスタイリッシュな「コンテナ」を利用しシンボリック且つ魅力ある内外装としております。

運営においては、道の駅いちかわの運営ノウハウと空きスペースを活用し人手を介さず効率的且つ、軽量なスマートストア運営モデルを目指してまいります。

<主な特徴>

  • 道の駅の新たな魅力度と価値創造として時間にとらわれず夜間利用のお客さまにも対応
  • スマートフォンのみで商品選択、決済までが完結する、密接・密集を避けた非接触の購買
  • AIを活用した需要予測による廃棄ロス削減および発注作業の効率化を目指した店舗運営

(1)『いちかわGo』オープン日

2022年2月1日(火) 9時

(2) 店舗場所

道の駅いちかわ 南側出入口そば

住所:千葉県市川市国分6-10-1

URL: https://www.michinoeki-ichikawa.jp/

(3)営業時間

24時間営業(年中無休)

  • ※お客さま利用状況を踏まえ営業時間を変更する可能性もございます。

(4)お取り扱い商品

  • 市川市の特産品や千葉県産品を中心に地元農家や店舗との連携による冷凍餃子、市川産海苔、千葉県土産品の販売

(5)各社の役割

<日本メックス>

  • いちかわGo店舗運営
  • 地元商材、店舗との連携による商品選定および購買分析に基づく新商品の開拓

<ピースノート>

  • コンテナ型の特性を生かした店舗デザイン、設計、施工および建築基準に沿った各種申請

<NTT東日本>

  • スマートストア運営に必要なICTサービス、AIを活用した需要予測等サービスの提供

【店舗イメージ】

地域商材を活用したコンテナ型スマートストア運用イメージ
店舗外観イメージ

【ご来店者の商品選択から決済までの流れ】

操作イメージ

3.今後の展開

利用者のご要望やご利用状況を解析しながら、ニューノーマルの時代にあった効率的な店舗運営と利用者に喜ばれる品揃え、営業形態の充実を図ってまいります。また、AI等を活用し最新のテクノロジーをかけ合わせることで、お客さま属性に合わせたお勧め商品や限定商品等をアプリ通じてご案内するとともに、ご希望商品を予め注文できる仕組み等、よりよいユーザ体験の場のご提供機会を作りながら魅力ある道の駅の形成を目指してまいります。

sauce:NTT東日本

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事