2020年おすすめのキャッシュレス決済はコレ!

近年では急速にキャッシュレス決済化が進んでいますが、その中でも一番身近になっている方法が電子マネー編と言えるでしょう。

ショッピングだけではなく、通勤や通学の定期券としても広く使用されている特徴があります。電子マネーとはその名前のとおりに、現金の代わりに使うことができる電子データ化されたお金のことを指しています。カードの中にお金のデータを記録したり、スマートフォンに情報を集めるなど、数種類のタイプがありますが、自分の使いやすいものを使うとよいでしょう。あらかじめ現金をチャージしておいたり、クレジットカードと紐付けをして使用するものもあります。

支払いは3種類

電子マネーの支払い方式は主に3種類となっていて、プリペイド型、ポストペイ型、デビット型(即時払い)の3種類です。事前に使う金額をチャージするものがプリペイド型で、チャージした金額の範囲内でしか使うことができないので、使い過ぎを防ぐことができるでしょう。

チャージ不要で後払いのポストペイ型は、事前にチャージする手間もいらず、後日銀行口座から引き落とされ、残高不足で使えないという心配もありません。即時払いは利用するとすぐに利用額が銀行口座から引き落とされるものです。 そしてキャッシュレス決済の中でも、QRコード決済編は、大きな注目を集めているものと言えるでしょう。QRコードだけではなく、バーコードを使用したキャッシュレス決済のことを一つにまとめてコード決済と呼んでいます。ここで使用されるコードは、サービスを提供している店舗側の情報や利用者側の支払い情報などに紐付けられているものです。コードを通し利用金額を読み込み、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされるシステムとなっています。コード決済は中国がトップクラスの普及率を遂げていますが、日本の場合には2016年に初めてQRコード決済サービスが開始されました。

決済方法としては二つの方法があり、一つ目が店側が提示した行動を利用者が自分のスマートフォンなどを使って読み込むユーザースキャン方式です。もう一つが利用者側が自分のスマートフォンの画面にQRコードを表示させて、それを店舗側がスキャナーで読み込むストアスキャン方式です。どちらも使用する前には決済やアプリをダウンロードする必要があるでしょう。最大のメリットはスマートに決済することができる点です。コードを読み込んだりスキャンしてもらうだけで精算できるので、スピーディーになおかつスマートに決済が可能です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事