大日本印刷と丸善ジュンク堂書店は池袋本店にモニター画面に触らず空中に浮遊させ表示した画像で操作する「DNP非接触ホロタッチパネル」と無人決済機を導入

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社丸善ジュンク堂書店は、2021年8月27日、ジュンク堂書店 池袋本店 に、モニターの画面を直接触らずに、空中に浮遊させて表示した画像で操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」(以下:ホロタッチ)*1を搭載した書籍検索機とセルフレジ(無人決済機)を各1台導入しました。コロナ禍において、非接触や衛生面等に配慮した製品・サービスが求められているなか、利用者が画面に触れずに従来通りのサービスを受けられる体制を構築し、清潔で安心な書店づくりにつなげていくため、運用を開始しました。

【「ホロタッチ」を導入した書籍検索機とセルフレジの特長】

1.後付けでの設置が可能で、既存システムの変更が不要

書店の既存のシステムに後付けで「ホロタッチ」を設置できます。入力画面は変わらないまま、モニターの画面に直接触れることなく操作できます。

2.モニターの画面に直接触れることなく、空中での操作が可能

画面上に浮かんで表示される柄(細かい点)が手指で触れる高さの目安となります。利用者はモニターの画面に直接触れることなく容易に操作できます。

3.書店店頭の明るさでも見やすいライティングを実現

書店の明るい店頭でも、手指に反応する柄(細かい点)を容易に確認できるように、照明や自然光、モニターの明るさなどを考慮して、利用者に見やすい最適なバランスの明るさで、柄(細かい点)を空中に表示します。

【運用店舗】

ジュンク堂書店 池袋本店 1階(東京都豊島区南池袋2-15-5)

書籍検索機の1台に「DNP非接触ホロタッチパネル」を搭載した店舗(写真左)と、ホロタッチを搭載した書籍検索機(写真中)、同セルフレジ(写真右)

【今後の展開】

DNPと丸善ジュンク堂は、ウィズコロナ/アフターコロナの時代にも、来店した利用者に衛生的で安全・安心な価値を提供する新しい書店の形を目指していきます。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事