ハードウェア 遠隔

JR東日本都市開発がクイーンズ伊勢丹の厳選した食品を取り出した商品を自動認識・自動キャッシュレス決済次世代AI無人販売機で販売!!

2021年8月13日

株式会社ジェイアール東日本都市開発は、無人販売サービス「EKIPICK MART(エキピックマート)」の実証実験を2021年8月16日(月)から2021年9月30日(木)まで、ゴールデンバーグ株式会社のAI搭載型無人販売機「SMARITE(スマリテ)」を利用し、株式会社エムアイフードスタイル(店舗名:クイーンズ伊勢丹)の厳選した食品を販売するサービスとして、「シャポー本八幡」(JR総武線本八幡駅直結)で実施します。

この取り組みは、コロナ禍における買い物時間の短縮や商品の非対面販売・受け取りへの対応、店舗のオペレーション軽減やフードロス削減に加え、営業時間短縮に伴い店舗が早く閉店した後においても食品を買うことのできるサービスとして検討しています。今回の実証実験では、専用アプリを利用して素早く、簡単に、キャッシュレスに、購入できる無人販売機「スマリテ」を3台設置し、クイーンズ伊勢丹の厳選した商品を初電から終電まで販売します。なお、お客さまニーズを把握するため販売商品は順次変更し、今後の事業展開に活かします。

■実証実験概要

(1)「EKIPICK MART(エキピックマート)」※1
「EKIPICK MART(エキピックマート)」は、株式会社ジェイアール東日本都市開発が検討している、駅ビルの営業時間外においてもお弁当やスイーツなどの食品を無人販売するサービスです。今回はゴールデンバーグ株式会社の「スマリテ」を利用して無人販売の検証をします。 

(2)AI搭載型無人販売機「SMARITE(スマリテ)」-Just take it, You can just GO !
~最先端技術を搭載した「スマリテ」は、ドアを開け、商品を取り出し、立ち去るだけで購入可能~
ゴールデンバーグ株式会社が提供する「スマリテ」は、厚生労働省が定める「HACCP」に沿った衛生管理への対応に加え、特殊なアルゴリズム解析による物体自動識別技術により、ショーケースから取り出した商品を各商品に取り付けたRFIDから自動で識別し、ドアを閉めるとQRコード※2 決済アプリPayPayにて「自動」で決済して購入が可能な無人販売機です。国内初の無人運営システムとして、遠隔の温度管理や在庫管理などに加え、消費期限管理や売価の変更なども遠隔で管理できるシステムを構築しています。
〈ご利用方法〉

(3)実証実験詳細 ※3
 ・ 実施場所            シャポー本八幡(JR総武線本八幡駅直結)
 ・ 期  間            2021年8月16日から2021年9月30日まで
 ・ 販売時間            初電から終電まで
 ・ 販売店舗            クイーンズ伊勢丹
 ・ 販売商品    菓子、果物、乳製品、加工食品など期間中に一部販売商品を変更します
 ・ 販売場所            シャポー本八幡2階 JR本八幡駅中央改札側出入口周辺(東京駅方面)

※1 「EKIPICK SHOWCASE(エキピックショーケース)」から名称を変更しました。
※2 QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※3 実証実験のため、期間中に内容が変更となる場合があります。

-ハードウェア, 遠隔

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.