空間 通信

株式会社palanがVR,ARの新ECプラットフォーム「WebXRコマース」の事前出店者登録を開始へ

2021年7月26日

WebVR・AR開発を行う株式会社palan は、VRとARを組み合わせた次世代ECプラットフォーム「WebXRコマース」の事前出店者登録を開始しました。決済代行会社のウェルネットと事業提携し「実店舗とECの中間」を目指す新時代のEコマースサービスとして、2021年9月に正式リリースを予定します。

「WebXRコマース」の概要

WebXRコマースは、店舗がブラウザで体験できるバーチャル空間を簡単に作成・公開できるサービスです。ユーザーはアプリ不要の簡単操作で店舗を回遊でき、気になった商品はWebARで試しおきするなどして、その場で購入することができます。実店舗を持たない事業者でもオリジナルのVR店舗を作成することができる、新しいECプラットフォームを提供します。

WebXRコマースの特徴

1. バーチャルを生かした空間デザイン

WebXRコマースでは店舗の360度画像を撮影するのではなく、店舗のイメージ画像を3Dモデルで一から作成しています。そのため店舗を持たない事業者はもちろん、現実世界では難しい自由な世界観の表現を可能とします。ブランドのコンセプトやストーリーをVR体験を通して訴求できる、新たなECサイトとしてご利用いただけます。

2. 3Dアイテムの生成技術

昨今Eコマースで注目されている「ARでの試しおき体験」ですが、この体験には商品の3Dモデルが必要となります。しかしその一方で3Dモデルの制作には費用も時間もかかり、多くの事業者が導入に踏み切れない背景がありました。palanでは独自開発した技術により、1枚の画像から簡易的な3Dモデル作成を可能にしました。サイズを指定することで実寸大の3Dデータを作成でき、これにより大量の3Dデータを短時間で用意することが可能になりました。

※画像は開発中の画面で、実際のものと異なる場合があります。

3. ウェルネット社の決済システムと連携

WebXRコマースではVR空間で店の世界観や魅力を伝え、ARで商品の試しおきをし、その場で購入・決済まで完了することができます。決済面では決済大手ウェルネット社の決済システムと連携しており、安心安全な取引を行うことが可能です。

■WebXRコマースの利用シーン

オンラインライブの物販会場として
シンプルなWebページではなく、音楽ライブと同様に世界観を表現して観客を盛り上げることができます。

アミューズメント施設のグッズ販売として
遊び心のあるVR空間を用意することで、訪れたユーザーの購買体験をより豊かに、思い出に残るものへ変えることができます。

地域のアンテナショップとして
VRを用いることで、実際に観光へ来たような臨場感でユーザーに魅力を伝えることができます。 WebXRコマースの詳しい資料やデモをご用意しております。下記フォームよりご請求ください。
https://xr-commerce.jp/contacts/new

■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。

WebARの詳細はこちら
https://palan.co.jp/webar/

-空間, 通信

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.