ハードウェア 交通

ドコモが日本初「5G を活用した自律走行ロボットの公道実証」開始

株式会社 NTT ドコモは、株式会社 ZMPが幹事企業となり設立した「姫路ウォーカブル協議会」に本日から参画します。

<自動運転一人乗りロボ「ラクロ」>

本協議会は、ZMP が提供する自動運転歩行速ロボットなど会員企業の技術・アセットを活用し、「ウォーカブル推進都市※1
」である姫路市のウォーカブル※2 なまちづくりを実現することを目的として設立されました。ドコモは、本協議会における取り組みにおいて、5G や XR※3 技術を提供することで、ZMP の自動運転歩行速ロボットの運用高度化や、ウェアラブルタイプのXR デバイスを活用した新たな観光サービスの創出などを実現し、姫路市のウォーカブルなまちづくりに貢献してまいります。

また、ドコモと ZMP は本日、自動運転歩行速ロボットと 5G を組み合わせた新たなロボットビジネスの創出に向けた基本合意書を締結しました。第 1 弾として、本協議会の取り組みの中で、ZMP の自動運転一人乗りロボ「RakuRo®(ラクロ)」を 5G で制御し、公道での自律走行を実施する実証試験を開始します。本実証は、5G により自動運転ロボットの公道における遠隔監視型自律走行を実現する日本初※4 の取り組みとなります。5G の特長である「高速・大容量」「低遅延」通信を活用することで、「ラクロ」の前後左右合計四つのカメラ映像やセンサーによる周囲の障害物情報等をリアルタイムに遠隔管理者へ伝送し、公道での安全な自動運転ロボットの運用を実現します。

「ラクロ」と XR デバイスを活用した姫路城における臨場感のある新たな観光体験や姫路エリアでの移動支援サービスなど 5G を活用したさまざまな実証を行う予定です。ドコモは、本協議会での取り組みや ZMP との協業検討を通じて、姫路市における 5G とロボットを組み合わせた新しいまちづくりモデルの創出をめざします。さらに、姫路市で培ったまちづくりモデルを全国へ展開し、地域振興や社会課題の解決に貢献していきます。

-ハードウェア, 交通

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.