YKK APがハンズフリー・キーレスの顔認証で施解錠できる「新スマートドア」を発売

YKK AP株式会社は、電気錠一体型の玄関ドア「スマートドア」に、戸建住宅用玄関ドアでは業界初※1の「顔認証キー」による施解錠や、専用アプリによりスマートフォンを鍵として使用する技術を取り入れ、利便性とセキュリティ性を高めた「新スマートドア」を発売します。

「スマートドア」は、電気錠の機能をドアハンドルに一体化した「スマートコントロールキー」を標準搭載した玄関ドアです。このたび、ICタグキーで施解錠が行える「ピタットキー」と、リモコンキーで施解錠が行える「ポケットキー」の機能向上を図り8月23日より発売し、新たに開発した「顔認証キー」を10月25日より発売することで、「スマートコントロールキー」は全3種類のキーラインアップとなります。代表シリーズ「断熱玄関ドア『ヴェナート D30』」から先行発売を開始し、他シリーズの玄関ドア・引戸にも順次、展開を進めます。

※1:2021年6月22日現在、金属製玄関ドア国内メーカーの電気錠一体型戸建住宅用玄関ドアに関しての自社調べ

「スマートドア」は、2012年に発売以来、年々販売数量を伸ばし、2021年5月時点で、YKK APの玄関ドア全体に対する販売構成比は68%となり、手動錠(同32%)を大きく上回り、YKK APの玄関ドアの主流となっています。この先も多くのユーザーに一層便利で快適・安全な暮らしを提供するため、これまでの機能を進歩させるとともに、進展する住宅IoTにも応用できる拡張性をもたせた、新しい「スマートドア」にフルモデルチェンジします。

「新スマートドア」の先進性:業界初となる「顔認証キー」を導入

「新スマートドア」で選択できる鍵は、戸建住宅用玄関ドアでは業界初となる顔認証による施解錠を実現した「顔認証キー」をラインアップ。従来の「ピタットキー」「ポケットキー」のデザインや機能向上を図り、全3種類となります。
※「顔認証キー」をご選択いただいた場合、ICタグキーやリモコンキーによる施解錠も可能となります。

新スマートドアの特長(全3種類のキー共通)

・スマートフォンを玄関ドアの鍵として利用可能
専用アプリを使い登録することで、スマートフォンを鍵として利用できます。

・音声ガイダンスで簡単な登録設定
ハンドル本体に組み込んだ音声ガイダンスで鍵の設定手順をナビゲーションし、登録手順や設定変更手順の案内などを行います。

・非常用鍵内蔵のICタグキーに仕様変更
非常用鍵を持って外出することになり、より安心してご使用いただけます。

【商品詳細】

① 業界初となる「顔認証キー」を導入

<顔認証キーの仕様>
●室外側ユニット内の2つの内蔵カメラによって顔を立体的に捉える生体認証(3D認証)の技術を採用しており、顔のダミーや写真による不正解錠を防止します。
●顔の登録は最大20人まで登録可能です。
●顔認証機能と人感センサーをセンサーユニットとして一体化させ、施解錠までストレスのない作動スピードを実現しました。
●センサーユニットのドアへの取り付け高さは、大人から子どもの背の高さまでの認証を可能とする130cmに設定しました。

<「顔認証キー」のニーズ>
YKK APが行ったアンケート※2結果では、玄関の施解錠に用いる機能として顔認証を含む生体認証に関心を示す人が約66%でした。顔認証は生体認証の中でも、人が特別な動作をすることなく非接触で認証できる方法であり、今後の暮らしの中で個人識別の主流になる技術だと考えています。

※2:3年以内に住宅購入の意向がある生活者に対して2021年3月実施(N=1100)

<「顔認証キー」の拡張性>
「顔認証キー」は自動開閉スライディングドアと組合せたバリアフリー対応や、在宅医療・介護における来訪者管理(医師・看護師・ヘルパーなど)、玄関で個人識別することでの宅内設備機器との連携サービス(住宅IoT)など、今後に向けて様々な拡大利用が見込めます。

② スマートフォンを玄関ドアの鍵として利用可能
専用アプリを使いスマートフォンを登録することで、スマートフォンを鍵として利用できる機能で、「ピタットキー」「ポケットキー」「顔認証キー」共通で利用できます。アプリを起動した状態でポケットやカバンにスマートフォンを入れておけば、取り出さなくても解錠できます。鍵の紛失などトラブル時の緊急対応としても有効です。

③ 音声ガイダンスで簡単な登録設定
これまでマニュアルを見ながら行っていた設定操作を、ハンドル本体に組み込んだ音声ガイダンスで、操作手順をナビゲーションします。また前述のスマートフォンの専用アプリでも画面遷移に従い操作していくことで簡単に設定が行えるようになっています。

④ 非常用鍵内蔵のICタグキーに仕様変更
「ピタットキー」のカードキー、シールキーを非常用鍵が内蔵されているICタグキーに変更いたします。これまでは「ピタットキー」のユーザーが非常用鍵を携帯せずに外出し、外出先でカードキーやシールキーを破損または紛失し、帰宅時に解錠できず締め出されるといったトラブルもありました。ICタグキーに変更することでピタットキーのユーザーも必ず非常用鍵を持って外出することになり、より安心してご使用いただけます。

【商品概要(新スマートドア)】

対象シリーズ名【「顔認証キー」「ポケットキー」「ピタットキー」搭載のスマートドア】
・断熱玄関ドア 「ヴェナート D30」 
・高断熱玄関ドア 「イノベスト D70」「イノベスト D50」
・断熱スライディングドア 「コンコード S30」
・「ドアリモ 玄関ドア D30」【「ポケットキー」「ピタットキー」のスマートドア】 ※「顔認証キー」搭載無しのシリーズ
・断熱玄関ドア 「ヴェナート D30 防火ドア」
・高断熱玄関ドア 「イノベスト D50 防火ドア」
・断熱スライディングドア 「コンコード S30 防火ドア」
参考価格(※3)断熱玄関ドア「ヴェナート D30」 F03Nデザインの場合
・ 「顔認証キー」:450,000円
・ 「ポケットキー」:370,000円
※ 片開き・D4・ストレートハンドル
錠セット●「顔認証キー」:リモコンキー2個、タグキー3個
●「ポケットキー」:リモコンキー2個、タグキー3個
●「ピタットキー」:タグキー3個、子鍵2本
発売地域全国
発売日【断熱玄関ドア「ヴェナート D30」から先行発売し、他シリーズにも順次展開します】
●「ポケットキー」「ピタットキー」:8月23日発売開始
●「顔認証キー」:10月25日発売開始
目標売上金額2021年度 133億円(新スマートドア全て)

※3:参考価格は、部材標準販売価格です。消費税、現場搬入費、組立施工費等は含まれません。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事