埼玉深谷市が電子マネー導入で実験開始へ単位は「ネギー」 

埼玉県深谷市は、ふるさと納税の総合サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが連携して電子マネーを試験導入すると発表しました。

深谷市電子プレミアム商品券とは

「地域通貨」導入に向けた実証実験としてQR決済による「深谷市電子プレミアム商品券(電子地域ポイント)」を発行いたします。

深谷市電子プレミアム商品券とは、QRコードを印刷したカードか、スマートフォンを使用することで、現金を使わないキャッシュレス決済が可能な電子地域ポイントです。

深谷市電子プレミアム商品券の仕組み

プレミアム商品券を購入した人へ電子地域ポイントを付与します。このプレミアム商品券は紙ではなく電子ポイントという点が特徴です。電子ポイントの単位はnegi(ネギー)とし、1negi=1円で換算し、利用者はお店へ訪れスマホかQRコード付きカードで決済を行います。

事業概要

商品券の販売は終了いたしました。

プレミアム率:10%
販売額:1億円(発行総額:1億1千万円)
販売制約:お一人様5万円まで
有効期限:2019年5/11(土)-9/30(月)商品券形態:アプリまたはQRコード付きカード
販売日時:2019年5/11(土)、12(日)10時~16時迄(売り切れ次第終了)
販売場所:深谷公民館・深谷生涯学習センター

追加販売の概要

販売日時:2019年5月13日(月)10時~16時迄(売り切れ次第終了)
販売場所:深谷公民館・深谷生涯学習センター・大会議室
販売制約:お一人様5万円まで(5月11日、12日に購入された方も可)

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事