決済

三井住友カードが決済プラットフォーム「stera」にオールインワンモバイル決済端末「stera mobile」を新たに追加

三井住友カード株式会社と、GMOフィナンシャルゲート株式会社、株式会社トランザクション・メディア・ネットワークスは、三井住友カードが提供する決済プラットフォーム「stera」の決済端末ラインナップに、2021年6月よりオールインワンモバイル決済端末「stera mobile」を追加しました。7月より順次設置開始します。

「stera」と「stera terminal」について

「stera」は三井住友カードが、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、GMO-FG、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と協働して構築した事業者(加盟店)向け決済プラットフォームです。決済データ処理を行う「センター機能」、決済データを各決済事業者に届ける「ネットワーク機能」まで、キャッシュレス決済に必要な機能を一気通貫でカバーしています。また、2020年7月から、リアル店舗の事業者向けに、さまざまな機能を持つオールインワン決済端末「stera terminal」の提供を開始しました。この「stera terminal」は、1つのデバイスで、クレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済手段の取扱いが可能となるオールインワン決済端末です。レジまわりの省スペース化、接触機会減少による衛生管理強化など、事業者の皆さまが抱える課題を解決してきました。

「stera mobile」の主な特徴

各事業者の決済ニーズを満たすため、GMO-FG、TMNと協働で、無線(LTE)対応による持ち運びが可能なモバイル端末「stera mobile」を開発し、2021年7月より提供を開始いたします。「stera mobile」は、「stera terminal」の決済機能を踏襲したオールインワン決済端末です。操作画面にはタッチパネルを採用し、スマートフォンのような感覚で、クレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済サービスの取扱いが可能です。「stera mobile」により、飲食店でのテーブル会計、アパレル店での接客時会計、訪問先での軒下会計など、様々な業態や決済シーンでの利用が可能となります。

特徴

1. スマートフォン・タブレットの様な操作性

ž・5インチHDカラータッチパネル
・ž OSはAndroid™ OSをベースとしているため、アプリ追加で機能拡張が可能

2. 持ち運び可能
ž・無線(LTE)対応
ž・大容量バッテリー搭載
・プリンター付きでレシート発行も可能

3. クレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済サービスの取扱いが可能

その他「stera」の詳細に関しましては以下をご覧ください。
https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp

 三井住友カード、GMO-FG、TMNの三者は、今後もお客さまにより安全で利便性の高い決済手段を提供し、更なるキャッシュレス化の推進に努めてまいります。

-決済

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.