ドコモと小田急が新宿駅周辺でXR 体験イベント「XR シティ SHINJUKU」を期間限定開催!!

小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)と株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、2021 年 6 月 21 日(月)から 8 月 8 日(日)まで、新宿駅周辺で、スマートフォンのアプリを活用した XR体験イベントを開催します。本イベントは、2 社が取組むまちづくりプロジェクト「XR シティ™ SHINJUKU」の第 2 期プロジェクトとして実施します。

小田急百貨店や新宿中央公園をはじめとした新宿駅周辺に設ける 6 か所の体験スポットで、専用アプリ「XR シティ」をダウンロードした体験者自身のスマートフォンをかざすと、スポットごとに「アート&空間らくがき」「キャラ」「謎解き」の XR コンテンツをそれぞれお楽しみいただけます。「アート&空間らくがき 」の体験スポットでは、デジタルアートの鑑賞や、現実空間にイラストを重ね合わせて描くことができます。それらは写真や動画の撮影や、各種 SNS への共有もできます。

「キャラ」の体験スポットでは、テレビアニメ作品「銀魂」のキャラクター「坂田銀時」「新八」「神楽」や、ドコモのキャラクター「ポインコ兄弟」が 3Dで出現し、タップに合わせてリアクションをします。また、アプリコンテンツの体験中に表示される広告・クーポン掲載店舗までキャラクターが道案内をします。「謎解き」は、話題のリアル脱出ゲーム®の生みの親、株式会社 SCRAP が監修した「AR 謎解き」を
お楽しみいただけます。なお、アプリのご利用は無料で、体験はどなたでも参加可能です。イベントには、ご自身のスマートフォンで、期間内いつでも参加できます。そのため、接触や密を避けながら、エンタメ体験をすることが可能です。

本施策は、昨年 11 月から開始している XR によってデジタルと現実世界が融合した新しい感動やワクワクにあふれる未来の街の実現をめざす新宿の新たなまちづくりプロジェクト「XR シティ SHINJUKU」の一環として実施するものです。小田急電鉄は、本施策の実施に必要な新宿駅周辺に所有する施設を提供するほか、新宿を拠点とする企業・団体とのネットワークを活用し、それらとの連携を促進します。ドコモは、XR アプリ「XR シティ」を通じたコンテンツの提供により、街の回遊、店舗への送客、購買の支援およびその効果検証を担います。

また、新宿区、一般社団法人新宿観光振興協会、歌舞伎町タウン・マネージメント(TMO)、一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会からの後援およびさまざまなパートナー企業の協力のもと、本施策を実施します。小田急電鉄とドコモは、多彩な魅力を持つ新宿の街で XR アプリ「XR シティ」を通じたコンテンツを提供することで、ニューノーマル時代での新たな街の魅力を発見するきっかけや、いつものお出掛け先やショッピングがより魅力的になる XR サービスとしての受容性を検証してまいります。

▼アプリの体験イメージ

「XR シティ SHINJUKU」第2期プロジェクトイベント概要

1.イベント期間
2021 年 6 月 21 日(月)~2021 年 8 月 8 日(日)

2.開催場所
「小田急百貨店新宿店」「新宿サザンテラス」「新宿中央公園」「歌舞伎町シネシティ広場」「モザイク通り」
「東京ミステリーサーカス」の計 6 スポット
※体験スポットの詳細な場所はこちら
※「歌舞伎町シネシティ広場」での開催および「銀魂」キャラクターのコンテンツ提供は、2021 年 7 月 20 日(火)まで。

3.主なアプリコンテンツ・機能
すべてのコンテンツ・機能は各スポットにてスマートフォンをかざすことによってお楽しみになれます。

4.アプリの動作端末
アプリをご利用になれる対応端末は以下の通りです。
・スマートフォン:Android 9 以上の ARCore 対応端末 / iOS 13 以上の ARCore 対応端末
・iPad:iPadOS 13 以上の ARCore 対応端末

5.参加方法
開催期間中に公式ウェブサイトより XR 体験アプリ「XR シティ」をダウンロードの上ご参加ください。

6.アプリ利用・イベント体験料金
無料
7.公式ウェブサイト
https://xr.docomo.ne.jp/xrcity02/
8.コンセプト動画
https://youtu.be/Che7feQsfDI

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事