交通

慶應義塾大学病院で 外来受診の患者を目的地まで自動運転で移動させる 「WHILL自動運転システム」の実証実験エリアを拡張

2021年6月16日

WHILL株式会社は、慶應義塾大学病院で 2020年9月から進めている外来受診の患者さんを目的地まで自動運転で移動させる 「WHILL自動運転システム(注)」の実証実験エリアが2階に拡張したことをお知らせいたします。本システム導入以降、利用した患者さんの数は累計で4,000人を突破しています(2021年5月末現在)。

 本システムでは、パーソナルモビリティを使ってタッチパネル操作で目的地まで移動することが可能です。本実証実験では、⻑距離歩行に不安のある患者さんや足腰に障害がある患者さんなどに対して院内の移動手段を提供することにより、院内の快適な移動環境を整えるとともに医療サービスの向上を図っています。同時に、自動運転によりスタッフのサポートを必要とせずにご自身で目的地まで移動することで、病院スタッフの負担を軽減することも目標としています。昨年9月からの自動運転システムの利用者が累計で4,000人を突破するなど、安定的に運用されているとともに、利用された方のほか医療スタッフなどからもご好評頂いていることから、このたび、1号館1階案内カウンターから正面玄関まで、および正面玄関から1号館1階案内カウンターまでの既存のルート2つに加え、2階のルートを拡張いたしました。

■サービス拡張の概要

◇拡張時期:2021年6月1日〜
◇台数:1台
◇エリア・ルート:慶應義塾大学病院2号館2階(外来採血室〜1号館連絡通路スロープ手前)
◇対象:外来受診の患者さん
◇内容:患者さんをWHILL Model C2ILL自動運転システムにより、所定の場所に搬送する。往路は運転を必要としない自動運転モードで走行し、利用終了後は無人運転により元の場所に返却。

WHILL 自動運転システム

WHILL 社が開発する、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL 自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・ 室内領域のための自動運転システム。あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行および自動運転による無人での返却が可能。

WHILL 社について

WHILL 社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中で、近距離移動のプラットフォームを作っていきます。2012 年 5 月に日本で創業し、2013年4月に米国、2018年8月に はオランダ、2019年12月には中国にそれぞれ拠点を設立しました。パーソナルモビリティとMaaSの二 つを事業の柱とし、パーソナルモビリティ事業では、デザインとテクノロジーの力を生かした、近距離用のモビリティとして、WHILL Model C2をはじめとする製品群を、23の国と地域で販売しています。またMaaS事業においては、障害の有無や年齢に関わらず、だれもが楽しく安全に乗れる一人乗りのモビリティによる移動サービス・システムの提供により、既存の交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を行います。

-交通

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.