住居 遠隔

テレワーク・テクノロジーズが月額2万4800円で都内300部屋のセカンドハウスが使い放題に、テレスペ「セカンドハウスプラン」本日より限定1000人に提供開始

2021年6月8日

ワークスペースのシェアリングサービス『テレスペ』を運営するテレワーク・テクノロジーズ株式会社は、2021年6月8日、都内300部屋が24時間無人で使い放題になる多拠点セカンドハウスサービスを提供開始致しました。安い個室の仕事場ニーズに対し、初期費用0円、月額2万4800円で多拠点の個室を提供することにより、「いつでもどこでも働ける」自宅拡張体験をお届けします。
※月額2万4800円での登録は先着1000人限定

めんどうな手間を解消

テレワーク用の安い個室需要が増えております。しかし、部屋を1つ借りるとなると、契約、初期費用、公共料金や保険などの雑費、掃除、メンテナンス、ゴミ捨て、ネット契約、机や椅子やカーテン、3ヶ月後には思ったより使わないのに24時間30日分払う家賃など、想像以上に肉体的、精神的に大変なものになります。今回はすでに仕事用にセットされた状態のセカンドハウスを「いつでもどこでも働ける」状態にしました。免許証とクレジットカードを登録するだけですぐに利用できます。また、無駄に大きなL字型デスクや、壁に沿わせない非効率なデスク配置など、男の子が好きそうな感じの無機質な完全個室セカンドハウスにしました。

写真:西新宿のスペース、自分では買わないワッフル調の黒い椅子もおすすめ

月額2万4800円でいつでもどこでも働ける

月額2万4800円(税込)で先着1000人を募集します。利用時に別途110円/時の管理費がかかります。今回サービスの提供にあたり、事前登録者280名の希望にあわせて都内50箇所約300部屋を用意しました。そのうち99%が無人で24時間ご利用いただけます。毎回空いている部屋を予約して利用するスタイルで、毎回部屋を変えてもOK。在宅ワーク100%では仕事に集中できない、けれどもオフィスや仕事用セカンドハウスを借りるほどでもない、そんな週に2-3回セカンドハウスを利用する、自由な働き方を応援します。ビジネス向けワークスペースの料金相場は、フリー席600円/時、ブース席800円/時、個室1000円/時ほどの設定をされている施設が多くございますので、月に40時間以上利用する方であれば、お得にご利用いただけるかと存じます。月額2万4800円で事業が成り立つのかわかりませんので、月額2万4800円での提供は先着1000名までとさせてください。今後料金改定時でも既存会員様にはお申し込み時の料金で継続提供します。

写真:大塚のスペース、24時間いつでも使えるワクワクの自宅拡張体験

注意事項

※会員数に合わせて利用できる拠点数を増減いたします
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点により、基本的に1名様での利用を推奨します
※各種法令に沿って適法にサービス提供を行うために、一部内容が変更となる可能性がございます。
※本リリース上の写真は、実際の当社施設を撮影したものです。
※都度払いの法人契約もご用意ございます

利用想定

・経費が使える会社員
・フリーランス
・書斎を奥さんに占拠された大学教授
・企業経営者
・テレワークマスター制度を使う中小企業
・大企業の法人契約(別途従量課金プランあり)

申し込み等詳細

※月額2万4800円は先着1000人まで。
※年契約となります(3ヶ月経過後途中解約可能)
https://secondhouse.tokyo/

テレスペ セカンドハウスプラン詳細

https://secondhouse.tokyo/

●本リリースに関する各種お問い合わせ:
テレワーク・テクノロジーズ株式会社
東京都中央区八重洲1-2-16
TGビル本館8階 xBridge-Tokyo内
050-5375-2183(担当:荒木)
ux@telewor.com 
https://secondhouse.tokyo/

-住居, 遠隔

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.