交通

国交省が福井県永平寺町で遠隔監視・操作型の自動運行装置を備えた自動運転(レベル3)としては全国で初めて認可

2021年3月23日

国土交通省は経済産業省と連携して、福井県永平寺町において、遠隔監視・操作型の自動運転車による無人自動運転移動サービスを実施しております。国土交通省中部運輸局は、当該車両を製作している国立研究開発法人 産業技術総合研究所から申請のあった車両に対し、遠隔監視・操作型の自動運行装置を備えた車両(レベル3)としては全国で初めて認可を行いました。

1.経緯・概要

国土交通省・経済産業省では、「成長戦略フォローアップ(令和2年7月17日)」に掲げられている「2020年中に限定地域での無人自動運転移動サービスの実現」に向け、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下、「産総研」)に委託し、福井県永平寺町において遠隔監視・操作型の自動運転車の実証実験を進めてきました。 この実証実験の成果を生かし、2020年12月22日に、福井県永平寺町が、まちづくり株式会社ZENコネクトに業務委託し、1名の遠隔監視・操作者が3台の自動運転車を同時に監視対応するレベル2自動運転移動サービスが実現したところです

今年に入って、産総研において、センサー類を改修・追加するなど車両の高度化が図られ、レベル3の車両として、国土交通省中部運輸局に申請があり、3月5日に認可しました。その後、公道走行のための準備を経て、25日より国内初の自動運行装置を備えた車両(レベル3)での本格運行を開始します。なお、当該車両には、地元福井県の図柄入りナンバープレートが装着されております。今回レベル3にアップグレードすることで、3台の自動運転車が作動継続困難な場合を除き、遠隔にいる運転手は常時監視しなくてよくなり、運転負担が軽減されることになります。それに伴い、まちづくり株式会社ZENコネクトにおいて安全確保のため車内に乗車していた保安要員を外した運用とすることにしました。今後は、成長戦略会議「実行計画(令和2年12月1日)」に掲げられている「2022年度目処に限定地域での遠隔監視のみの自動運転移動サービスの実現」に向け、引き続き、技術開発・実証を実施して参ります。

2.今回認可した自動運転車に搭載された自動運行装置(名称:ZEN drive Pilot)

道路に敷設した電磁誘導線上を追従しながら周辺の交通状況を監視するとともに、運転者に代わって運転操作を行い、最大速度12km/hで自動走行する装置。
※当該装置は、国土交通省が付与した特定条件(走行環境条件)の範囲内で作動が可能となり、作動後、走行環境条件を満たさなくなる場合や故障発生時等においては、警報を発し運行を停止します。

<参考1>主な自動運行装置の構成

 
 

<参考2>永平寺町自動運転車出発式
国内初の遠隔監視・操作型の自動運行装置(レベル3)を備えた車両での本格運行に伴い、福井県永平寺町において「永平寺町自動運転出発式」を実施します。
加えて、同日に、国土交通省・経済産業省とで連携し、地域の先進事例等を発信するシンポジウムを開催する中で、本格運行の開始に併せて、オンラインで永平寺町と東京の会場をつなぎ、「永平寺町自動運転出発式」の中継を行います。

【社会受容性シンポジウム】
日時:2021年3月25日(木曜日) 12時~14時35分 (11時開場)
会場:TOC有明 4F コンベンションホールWEST(オンライン同時開催)
    東京都江東区有明3丁目4番10号
詳細はこちら:https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000363.html
 ※永平寺町自動運転出発式は25日14:05~14:35に実施予定

-交通

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.