ハードウェア

スマートホームカメラ「ATOM Cam」から新サービス!動体検知中の映像を時間無制限の月500円でクラウド録画

IoT製品を開発・製造販売するアトムテック株式会社は、普及が進行するスマートホームカメラ「ATOM Cam」において、映像内に動体がある限り、その動画クリップを時間無制限で自動録画し、クラウドサーバーに14日間保存できる新サービス、「クラウドモーション検知 “無制限” 録画サービス」を開発導入します。提供開始は3月24日。利用料金はATOM Cam 1台あたり月額500円(税込)。

ATOM Camは、スマートフォンとWi-Fi環境があれば、専用スマートフォンアプリで簡単に設定・操作ができ、設置場所の映像をどこからでもリアルタイムに見ることができるエッジAI搭載のネットワークカメラです。留守中のペットの見守り、赤ちゃんの見守り、一戸建て・マンションの防犯、離れて暮らす高齢者の見守りとさまざまなシチュエーションで利用が可能。キュービックでコンパクトな筐体に、 1080PフルHD、動体検知、2WAYオーディオ、カラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、赤外線ナイトビジョンなどをはじめ、高品質でユーザーニーズを満たす豊富な機能を搭載しながら、市場で最廉クラスと言える税込2,500円(送料別)という価格を実現したIoTプラットフォームです。

新「クラウドモーション検知 “無制限” 録画サービス」概要

ATOM Camは、映像をリアルタイムで視聴できるほか、空間内にモーション(動体)を検知してから12秒間、動画を自動でクラウドサーバーに録画し保存するサービス(14日間)を全機に無償で提供しています。しかし、ワンクリップ12秒では大事な場面が録画されない可能性があります。ユーザーからの「有償でも、検知した動きはすべて保存しておきたい」という声に応えて生まれたのが、この新サービスです。
本サービスを利用すると、高感度CMOSセンサーが動体を検知し続ける限り、時間無制限でクラウドサーバーに録画が継続され、14日間保存されます。赤ちゃんやペットの可愛い行動や、介護の見守りや防災・防犯に繋がる映像など、12秒間以後も残しておきたいデータを保存しておくことができ、スマホからいつでも確認できます。

●サービスの特徴

  • 一般の監視カメラでは24時間常時連続録画する方式が多く、確認したい箇所を探すのに時間がかかりますが、ATOM Camは動体を検知した場面のみを録画しているので見つけやすいのが利点です。
  • クラウド上に保存された動画は、任意のデバイスにインストールされた専用アプリで、いつでもどこでも確認できます。
  • クラウドで動画を保存できるので、SDカードや外部ストレージに保存する際に必要となる「管理」が不要。無断で映像を見られる心配や盗難もありません。
  • クラウド保存された動画はスマホにダウンロードして保存することも可能。特に大事な動画はスマホに保存して、14日間を過ぎて以降でも見ることができます。

動体検知録画により格安料金を実現
クラウド録画サービス市場では24時間の常時連続録画が一般的で、膨大なデータ量となるため月額費用が高額です。本サービスではATOM CamのエッジAIによる動体検知機能を活用して、動体が検知されている間のみを漏らさず時間制限なく保存するサービスとし、保存データ量を限定することにより低価格を実現しています。
クラウド録画サービス市場シェア最大手S社の月額料金が税込1,650円であるのに対し、ATOM Camの税込月額500円は3分の1以下です。ATOM Camを新規購入する場合であれば、本体カメラ代の2,500円と初月サービス料500円との合計3,000円の初期費用で利用が開始できます。

サービス詳細ページ:https://service.atomtech.co.jp/cloudrecunlimited

【ATOM Camについて】


ATOM Cam は、アトムテックが、IoTの普及と市場の活性化のため、最高品質=最高価格を常識とする市場へのアンチテーゼとして、2019年から先駆的に開発に取り組んだスマートホームカメラの独自プラットフォーム。高機能で高品質な製品を、ユーザーが気軽に購入できる低廉な-常識外れともいうべき-価格で提供することを徹底して追求した製品です。

ハードウエアは海外市場で成功実績を持つ製品をベースにすることで、大幅に開発・製造コストを縮減するとともに製品の信頼性を確保。基板を含む搭載CPUベースの改良も加えています。さらに国内仕様に向けてソフトウエアの作り込みを究め、AWSクラウドサーバーも国内に設置するなどした上で、2020年初頭にクラウドファンディングを実施。製品コンセプトが理解されて総額1,300万円、2,300人からの支援を獲得。高性能と価格2,500円の情報がユーザー間に広まっていた5月からの一般販売では10,000台まで21日間で到達。発売10ヶ月後の現在(2月末日時点)、累計販売数41,000台、25,600人のアクティブユーザーアカウント数と、ユーザー多数の支持を獲得しています。

1080pフル HDに対応し、月明かり程度の光があればカラーで撮れるカラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、暗闇でも9m先までモノクロで鮮明に映せる赤外線ナイトビジョンを搭載。動体検知、2WAYオーディオ、14日間無料クラウドストレージ(1クリップ12秒以内)、8倍デジタルズーム、microSD保存、音声検知、Alexa連携、アクティビティゾーン設定、4画面同時再生マルチスクリーン、タイムラプス機能、と圧倒的な機能を実装。高性能1.5G CPU(+128MB DDR)搭載により、連繋サーバー上でなくEdge AI としてATOM Cam本機で特定のAI分析ができ、2月に一般販売開始となったシリーズ新製品「ATOM Sensor」とともに、AI人体検知、AI犬猫検知、開閉センサー連動、モーションセンサー連動、連動用ドングルが提供されています。

 アトムテック株式会社の創業者兼CEOの青山 純は「ATOM Cam は販売で完結するのでなく、「進化するプロダクト」として、改良と更新を継続しています。機能の追加更新にあたっては、運営する「ATOMコミュニティ」において製品購入ユーザーからオープンに寄せられるさまざまなご意見を重視しており、今後もユーザーの生活を便利にする製品の提供を継続していきます。」とコメントしています。
以上

【アトムテック株式会社について
アトムテックは、IoT製品のあるべき姿を追求し、社会に貢献していくことを目的に2019年8月に設立されたスタートアップベンチャーです。主力ベンダーが高機能な製品を高価格で販売する市場の中、最新技術をリーズナブルな価格で提供することがIoT普及の鍵とみて、業界常識を打破した製品開発を期して事業活動を開始。スローガンは「日本のスマートホーム製品に革命を起こす」。解となる製品、ユーザーが求める製品を開発し、社会に根付かせ世の中を便利にして、IoT時代に日本が再び世界をリードしていくことを目標としています。
開発理念を具現化した製品プラットフォーム「ATOM Cam」は、2020年にリリースした当初からユーザー市場に受容され多くの支持を獲得しています。今後もソフトウエア技術力と製品開発力を活かし、ユーザーリクエストに的確に対応する中で、ATOM Camを進化させ、IoT世界の普及進展に努めていきます。

<会社概要>
会社名:アトムテック株式会社 (ATOM tech Inc.)
所在地:神奈川県横浜市西区高島2丁目11-2 スカイメナー横浜 422
代表者:代表取締役 青山 純(あおやま じゅん)
設立:2019年8月
事業内容:IoT製品の開発・製造・販売
オフィシャルサイト:https://www.atomtech.co.jp/

-ハードウェア

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.