ソフトウェア

NTF(非代替可能トークン)とは?

2021年3月1日

NTF(Non-Fungible Token:ノンファジブルトークン)とは「代替不可能なトークン」と言う意味でブロックチェーン(デジタル台帳)に保存されている一意のデジタルファイルです。ゲームなど仮想空間の土地やアイテムなど、音楽や芸術などアート作品の有形・無形のさまざまなデジタル資産です。

NFTは、アートワークなどのファイルを、KnownOrigin、Rarible、OpenSeaなどのNFTオークション市場にアップロードすることによって作成されますこれにより、デジタル台帳にNFTとして記録されたファイルのコピーが作成され、暗号通貨で購入して転売することができます。アーティストは作品を表すNFTを販売できますが、アーティストは作品の著作権を保持し、同じ作品のNFTをさらに作成することができます。NFTの購入者は、作品への排他的アクセスを取得しません。また購入者は「元の」デジタルファイルの所有権を取得しません。特定の作品をNFTとしてアップロードする人は、その作品が元のアーティストであることを証明する必要はなく、作成者の許可なしにアートがNFTに使用されるケースが数多くあります。

NFTを使用すると、デジタルクリエイティブ作品の1つのNFTのみを一意の署名で作成することにより、デジタルクリエイティブ作品の人工的な不足を引き起こすことができます。したがって、アートワークのNFTは、サイン入りのアイテムに似ています。NFTの一意のIDと所有権は、ブロックチェーン台帳を介して検証できます。NFTには、暗号化ハッシュ関数(文字と数字の一意の40桁のシーケンスを計算するアルゴリズム)によって処理されるメタデータがあります。NFTは、複数のプラットフォーム間での資産の相互運用性の可能性を生み出すためにも使用されます。

デジタルアート

Beepleのデジタルアートワークは2021年に6,930万米ドルで販売されました。Christieは、BeepleのEVERYDAYS:THE FIRST 5000 DAYS をその巨額で販売することにより、オークション業界に衝撃波を送りました。しかし、その話は業界をはるかに超えていました。NFTの独自の署名と所有権を保証するブロックチェーンテクノロジーの機能により、デジタル アートはNFTの初期のユースケースでした。カリフォルニア州マリブのアーティストTyler "enso" Barnettは、オリジナルのTikTokビデオをNFTとして販売した最初の人物です。

ゲーム

NFTは、ゲーム開発者ではなくユーザーが制御するゲーム内アセットを表すためにも使用できます。ゲームでのNFTの最初の使用は、集中型アプローチを使用してTokenzoneによって実装されました。NFTを使用すると、ゲーム開発者の許可なしに、サードパーティのマーケットプレイスでアセットを取引できます。

ブロックチェーンの標準

ゲームでのブロックチェーンの使用をサポートするために、特定のトークン標準が作成されています。これらには、CryptoKittiesのEthereum ERC-721標準およびより最近のERC-1155標準が含まれます。トークン標準は、ビットコインキャッシュやフローなどのNFTをサポートする他のブロックチェーンにも存在します。

イーサリアム

ERC-721上の非代替可能なデジタルアセットを表す最初の標準であったイーサリアムのblockchain。ERC-721は継承可能なSolidity スマートコントラクト標準です。つまり、開発者はOpenZeppelinライブラリからインポートすることで、新しいERC-721準拠のコントラクトを簡単に作成できます。ERC-1155は、「半代替可能性」の概念をNFTの世界にもたらし、ERC-721機能のスーパーセットを提供します(つまり、ERC-721アセットはERC-1155を使用して構築できます)。

ビットコインキャッシュ

Simple Ledger Protocol(SLP)を使用して、単純なNFTと呼ばれるミントバトンなしで分割不可能なトークンサプライ1をミントすることにより、代替不可能なトークンをサポートできます。NFT1は、SLPトークン構造の一部として2019年にビットコインキャッシュブロックチェーンに導入されました。この仕様は、多くのNFTをグループ化できるより高性能なタイプのNFTを成文化しています。

-ソフトウェア
-

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.