決済

クレカ・電子マネーに対応しレシート発行・POSレジがこの一台で!!持ち運び便利な決済端末「Square Terminal」登場

2021年3月16日

Squareは、クレジットカードやデビットカード、電子マネーの決済(*1)から、レシートプリンター、POSレジとしての機能までを一台に備えた決済端末「Square Terminal(スクエアターミナル)」を日本の市場に向けて2021年3月16日から販売開始します。

決済のすべてを、Square Terminal一台で
Square Terminalは、主なキャッシュレス決済を受け付けることができ、暗証番号の入力やレシートの発行を行えます。そのため、レジカウンターの限られたスペースに複数の端末を並べる必要がありません。また、持ち運びを想定したサイズと重量によって、飲食店におけるテーブル会計や物販イベントなど、さまざまな利用シーンに最適です。


かんたんにすぐ始められ、決済代金は最短翌営業日に
Square Terminalを利用するには、SquareのウェブサイトでSquare Terminalを購入し、アカウントの登録が必要です(*2)。登録完了後、最短当日に決済を受け付けることができます(*3)。こちらは、初期費用や月額使用料などの固定費は無料、事業者の売上規模や業種に関わらず決済手数料は一律(*4)、売り上げが最短翌営業日(*5)に振り込まれることが特長で、個人事業主や中小規模の事業者のさまざまなニーズに応えることで利用が広がることを期待しています。



操作は簡単、ビジネスをサポートするソフトウェア
Square Terminalは、洗練されたデザインのハードウェアとビジネスをサポートする強力なソフトウェアを組み合わせ、どなたにでも簡単に利用できる操作性を目指しています。端末にインストールされているソフトウェアは、各事業者の好みに合わせ、カスタマイズすることが出来、日々の業務をサポートするさまざまな機能を備えています。例えば、リアルタイムの販売データの取得や在庫の管理、オンライン経由での見積書や請求書の発行および送信、従業員ごとに異なるアクセス権限の付与、そして従業員各自の売上や休憩時間の管理などが含まれています。

今回の発表に先立って試験運用にご協力いただいた永福食堂(東京都杉並区)では、レジを設置するスペースを設けず、各テーブルで会計を行っています。これまで、お客様が紙の領収書が欲しいと希望されると、カウンター内へ戻り手書きで用意していましたが、レシートプリンター内蔵型のSquare Terminalに切り替えたことで、会計時の業務負担を減らすことに成功しました。オーナーシェフの松本晋亮さんは、Square Terminalについて次のようにコメントしています。
「Square Terminalが一番使いやすいですね。端末一つで領収書もレシートも出てくるし、レシートに永福食堂のロゴもちゃんと印字できるし、使い勝手が良く、誰にでも操作ができそうです。お会計やレジ締めを担当している社員も、この端末になってからすごく楽になったと言っていました」

Squareのハードウェア製品ゼネラルマネージャーのトーマス・テンプルトンは、Square Terminalの日本での販売について次のようにコメントしています。
「Square Terminalを日本の事業者に紹介することができ、大変光栄に思います。事業者がビジネスを円滑に行えるよう、さまざまな機能をこの決済端末に備えました。プリンター内蔵であることから、紙のレシートや領収書の需要が高い日本のお客様を相手にする事業者や、持ち運びが便利なので、イベントでの物販を行う事業者など、Square Terminalは幅広いビジネスニーズに答えることができることと思います。私たちは引き続き、事業者の声を聴きながら、簡単で便利に使えるサービスを提供していきます」

Square TerminalのAPIも提供
Squareは、第三者のさまざまなPOSレジアプリをはじめ、その他ソフトウェアとSquare Terminalを連携させることができる「Terminal API」も提供しています。事業者の多くは、カスタム開発されたPOSレジや業種特化型のPOSレジを利用しています。このTerminal APIを介することで、既存の使い慣れたPOSレジとSquare Terminalとをシームレスに連携し利用できるため、事業者の幅広いニーズに応えることが可能です。さらに、Terminal APIは、どのプラットフォームとも互換性があるため、iOSやAndroidに限らず、Windowsなどさまざまな環境で構築したアプリと連携ができます。
以下のアプリは、Terminal APIを使用し、Square Terminalと連携します。 ・株式会社ビジコム 「BCPOS」 https://www.busicom.co.jp/product/bcpos/
 ・株式会社ユーエスエス 「メガネのレジ」(予定) https://posregi.jp/mregi/


アクワイアリングパートナーからのコメント
三井住友カード株式会社のアクワイアリング統括部長 執行役員 疋田政彦氏は、Square Terminalの提供について次のようにコメントしています。
「Square Readerに加え、新たに決済端末のラインアップにSquare Terminalが加わったことで、事業者のニーズに幅広くお応えできるようになることを大変嬉しく思います。アクワイアリングパートナーとして、今後もSquareと協力しながら、事業者をサポートし日本のキャッシュレスを促進していきたいと思います」


JCBの加盟店本部長 執行役員 滝田誠氏は、Square Terminalの提供について次のようにコメントしています。
「世界中で先進的な決済サービスを提供するSquare社により日本国内に展開されることとなったSquare Terminalにおいて、JCBをお取り扱いいただけること、大変嬉しく思います。単なる決済端末に留まらず、決済プラットフォームとして市場に展開される本端末が、現在の日本国内の決済シーンを一歩前進させると想像します。JCBは、Square社による魅力ある商品・サービスの提供が日本国内のキャッシュレス推進に寄与することを期待します」

Square Terminalは、Square ショップ(http://squ.re/SquareShop)にて46,980円(税込)でご購入いただけます。製品の詳細は、Square Terminalのウェブサイト(https://squareup.com/jp/ja/hardware/terminal)にてご確認ください。 *1 「Suica」などの交通系電子マネーと「iD」「QUICPay+(クイックペイプラス)TM」
 *2 登録には、オンラインで数分のアカウント作成が必要。紙の書類提出は不要で、審査は最短当日に登録が完了、利用開始が可能
 *3 Square Terminalが手元にあり、審査が終了し登録完了している場合
 *4 決済方法によって決済手数料が異なる。詳しくは squareup.com/pricing を参照
 *5 銀行の営業日


Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
QUICPayとQUICPay+はJCBの登録商標です。
「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。
BCPOSは株式会社ビジコムの登録商標です。


Squareについて
Squareは、商売の立ち上げから事業の成長まで事業者をサポートするサービスやツールを開発しています。Squareを使えば、実店舗でもネットショップでも、事業者はかんたんにキャッシュレス決済を受け付けることができ、売上は最短翌営業日に入金されます。Square POSレジは、レジ機能に加え、売上の記録や分析、在庫管理、複数店舗管理、従業員管理など、事業者にとって必要なツールを一式そろえた無料アプリです。Square, Inc.は、2009年に設立、本社をサンフランシスコに構え、米国とカナダ、日本、オーストラリア、英国でカード決済サービスを提供しています。Square株式会社は、Square, Inc. の日本法人です。Square, Inc.およびSquare株式会社の詳細は、square.co.jpをご覧ください。

-決済

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.