東急とソフトバンク「竹芝地区でスマートシティを共創」最先端のテクノロジーを街全体で活用へ

東急不動産がエリアマネジメント活動を行う東京都港区竹芝地区において、ソフトバンクと共に、都市再生への貢献や産業振興の加速などに向けて共同で街作りに取り組み、最先端のテクノロジーを街全体で活用しスマートシティを共創する事を発表しました。

プレスリリースより

スマートシティの共創

竹芝地区でデータ活用やスマートビルの構築に取り組むほか、ロボティクスやモビリティ、ARVR、5G、ドローンなどの幅広い領域でテクノロジーの検証を行うとの事です。またさまざまな事業者が竹芝地区にテクノロジーを持ち寄る事で、地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に取り組みます。

街のさまざまなデータを活用

環境の変化や歩行者の滞留などの「イベント」に応じて最適な行動を促すアプリケーションプラットフォームを竹芝地区に導入

温度やCO2(二酸化炭素)濃度などの環境の変化や、歩行者の滞留、設備の不具合、公共交通機関の遅延など、エリア内で発生するさまざまな「イベント」をデータとしてリアルタイムに収集し、時間帯や個人の位置情報、行動の制約やその他の予測などと関連付けて分析することで、竹芝地区に滞在する人の的確な判断や最適な行動を支援するアプリケーションを提供できるプラットフォームを竹芝地区に導入します。

企業などによる竹芝地区のデータ活用推進

竹芝地区に設置するカメラやIoTセンサーにより収集したデータを取得できるAPIを公開して竹芝地区のデータ活用を推進。

例えば竹芝地区にオフィスを構える企業は、地区内の混雑状況データを取得する事で最適な通勤時間を社員に提案する事などが提供できるようになり、飲食店などは施設内外の混雑情報を割引サービスなどの集客施策の検討に活用できるようになります。

またソフトバンクは2020年度後半に本社を移転するオフィスビルに5Gネットワークを整備し、5Gの超高速、大容量、低遅延、多接続などの特長を活かして、竹芝地区において幅広い領域で各事業者と共創し地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に取り組みます。

竹芝地区開発計画概要

名称(仮称)竹芝地区開発計画
事業主体株式会社アルベログランデ
(「(仮称)竹芝地区開発計画」を整備するため、東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社が設立した事業会社)
所在地東京都港区海岸一丁目20番9他
敷地面積約15,590m²
延床面積約201,159m²
開業2020年(予定)

【A街区(業務棟)】

用途事務所、展示場、集会場、飲食店、物販店舗、駐車場、自転車駐車場
敷地面積約12,156m²
延床面積約181,777m²
構造規模鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造 地上40階、地下2階
高さ約208m
設計鹿島・久米設計工事監理業務共同企業体
施工鹿島建設株式会社

【B街区(住宅棟)】

用途共同住宅、店舗、保育所、駐車場、自転車駐車場
敷地面積約3,434m²
延床面積約19,382m²
構造規模鉄筋コンクリート造、地上18階
高さ約60m
設計株式会社長谷工コーポレーション
デザイン監修株式会社ホシノアーキテクツ
施工長谷工・鹿島共同企業体

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事