ビッグエコーがカラオケ初となる『テレスぺ』参加!ビデオ会議など個室テレワークスペースニーズへ対応

テレワークスペースのシェアサービス『テレスペ』を運営するテレワーク・テクノロジーズ株式会社は、2021年2月24日(水)より、株式会社第一興商運営の『ビッグエコー五反田東口駅前店』『ビッグエコー品川港南口駅前店』にて、カラオケ個室を電源/Wi-Fi付きテレワークスペースとして利用する、テレスペでのテレワークスペース提供実証実験を開始いたしました。

コロナ禍で在宅ワークが増える中で、ZOOM等ビデオ会議や、電話を取る必要のある営業マン、覗き込みなどセキュリティが気になる会社員など、テレスペ利用者より個室のご要望が多くございました。今回在宅ワークを強いられるビジネスパーソンへ個室ワークスペースを提供することで、新たな収益を生みつつ、店舗の認知を高め、本業のカラオケ業へ集客する効果も期待されます。

写真:ビッグエコー五反田東口駅前店

写真:ビッグエコー品川港南口駅前店

また、ビッグエコーでは安心・安全の運営を徹底しており、清掃・除菌の徹底はもとよりルーム内は常に換気システムが作動し8~12分で入れ替える優れた換気能力となっております。密閉と思われがちなカラオケボックスは実は、安全にご利用いただけるテレワークスペースとなっております。

写真:ビッグエコー五反田東口マルチルーム

写真:ビッグエコー品川港南口駅前店ルーム

●提供の背景:
 ビッグエコーではかねてより空きルームをテレワーク用のスペースとして活用するテレワークプランの提供を行って参りましたが、ビッグエコーでテレワークができることの認知不足、利用料を会社で精算しづらいという経費精算の問題など改良の余地がございました。
 今回、ビッグエコーがテレスぺに加盟することにより、ビッグエコーでテレワークができることの認知拡大や経費精算問題のサポートができ、テレスぺユーザー2000人への個室スペースの提供を行います。

●経費精算:
 個人利用の場合には、ご登録されましたクレジットカードでの自動精算となります。チェックアウト時にテレスペ運営のテレワーク・テクノロジーズ株式会社よりメールで領収書が発行されますので、ビッグエコー利用代金ではなくワークスペース代として、証明が可能です。なお、テレスペでのビッグエコー利用の際はカラオケ利用はできません。
 法人利用の場合には、法人さまが承認した全員の利用代金を月末締め翌25日払いでおまとめできます。建て替えも精算も必要ありませんので、経費事務を圧縮することが可能です。毎月5営業日までに利用明細と請求書が発行されます。

画像:発行される領収書のイメージ(4枚中、左から4枚目の画面)


●概要・利用方法:
利用可能日:2021年2月24日(水)より、当面継続して提供

実施店舗:
ビッグエコー五反田東口駅前店
東京都品川区東五反田1-13-10五反田ビル
ビッグエコー品川港南口駅前店
東京都港区港南2-6-9

利用時間:
ビッグエコー五反田東口駅前店
平日:11:00~20:00
日祝:10:00~20:00
ビッグエコー品川港南口駅前店
東京都港区港南2-6-9
平日:12:00~20:00
日祝:12:00~20:00
※各店の営業時間に準じます。予告なく変更になることがございますので来店前にテレスペアプリにてご確認ください

https://telewor.com/利用人数:1名利用料金:1時間500円〜提供内容:なるべくカラオケ利用のお客様と離れたルームをご用意いたします。※利用状況によりましてはカラオケが聞こえる場合がございます。全室に電源/Wi-Fi完備、フリードリンク付き。利用方法:『テレスペ』をLINEで友達に登録して直接店舗へご来店ください。

https://telewor.com/
予約は必要ありませんので、来店前にテレスペで残り席数表示をご確認するとスムーズに利用いただけます。
※個人の方は、クレジットカードの登録により、チェックアウト時に自動決済されます
※法人の方は、月末締めで請求書をお送りするおまとめ請求となりますのでテレスペ法人登録をご利用ください



●本リリースに関する各種お問い合わせ:
テレワーク・テクノロジーズ株式会社
東京都新宿区新宿3-10-11 国久ビル4F
050-5375-2183(担当:荒木)
ux@telewor.com 
https://telewor.com/

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事