三井住友カードが提供する新しい決済プラットフォーム「stera(ステラ)」

三井住友カード株式会社はGMOペイメントゲートウェイ株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と共に、次世代決済プラットフォーム「stera(ステラ)」の構築にそれぞれ合意しその実現に向けた企画・開発を進めこの度、サービス内容が具体化し本格的な営業を開始する事になり本日リリースしました。

Steraとは?

「こうなれば、もっと便利なのに…」と、キャッシュレスを導入している店舗の多くは、程度の差こそあれ、そういった不満を感じていたはずです。しかしsteraの登場でその課題の多くは解消されるでしょう。steraという名前の由来となった「舵を切る(steer)」という言葉そのままに、steraは次世代のキャッシュレスへと向かう最初の一歩になります。

豊富な決済サービスをワンストップで

これまでは決済手段毎に、さらにネット店舗とリアル店舗とで別の決済システムを使わねばならず、手続きが煩雑になったり、決済データを一元管理できなかったり…といった課題がありました。しかし、steraならワンストップですべてに対応しクレジットカード・電子マネー・コード決済など複数の決済手段に対応し、更にネットにもリアルにも豊富な決済サービスを提供してます。

ECサイトとリアル店舗のデータ統合が可能

ECサイト(ネット店舗)とリアル店舗の併用は、顧客との複数の接点を有効活用して売上につなげていくオムニチャネル戦略といえます。その一環として、steraはECとリアル店舗、両方の決済データを統合管理できるシステム「stera dashboard(ステラダッシュボード)」を展開しており、それぞれの店舗のデータを手作業で突き合わせる必要がなく、ダッシュボード上でいつでも閲覧が可能です。当然、データはダウンロードできるので、外部システムで分析してマーケティングや業務効率化に活かす事も可能です。

「stera terminal(ステラターミナル)」

カードも電子マネーもコード決済もこれ一台

キャッシュレスに幅広く対応しようとすると、さまざまな決済端末が必要になり、レジ周りが煩雑になったり、スペースがなくて困ったりしたことはありませんか?しかし、steraはクレジットカード、デビットカード、電子マネー、コード決済といったすべての決済手段を一台で処理できるため、stera terminal以外の端末は不要です。

カードは磁気ストライプ・接触IC・非接触ICにも対応して、センサーはお客さま側にすべてまとめられ、PINや電子サインの入力はタッチスクリーンで行います。

PINの入力キーは常にランダムに表示されるほか、お客さま側からしか目視できないため、より高い安全性を備えてます。

小さなボディでスピーディーな処理

stera terminalは、お客さま側に4インチ、スタッフ側に7インチのタッチスクリーンを搭載。それでも全体の大きさは、およそ幅108mm×奥行266mm×高さ100mmと、ティッシュボックス程度のサイズです。7インチスクリーン上で処理を終えたら、スタッフ側下部に組み込まれたオートカッター付きプリンタからレシートが排出されます。クレジットカードの読み込みやレシートのプリントアウトは、ほんの数秒であっても長く感じ、スタッフにとってもお客さまにとってもストレスになりやすいもの。しかし、stera terminalならそれがあっという間です。

必要な機能を追加

stera terminalはAndroid OSを採用してます。まさにこのターミナル自体がスマホでありタブレットのようなもの。なのでそれらと同じ感覚でアプリをインストールすることでさまざまな機能を追加する事が可能です。stera terminal用のアプリは、マーケットプレイス「stera market(ステラマーケット)」からダウンロードが可能。決済端末をPOSレジとして使うPOSアプリ、免税処理を行う免税アプリ、顧客サービスと囲い込みのためのポイントアプリやギフトアプリなど、必要に応じてダウンロードし、stera terminalの用途を広げることができます。

SMCCの決済端末機ラインナップ

三井住友カードが提供するクレジット決済端末機のラインナップは以下となっております。

端末名称JT-C60
stera terminal
VEGA3000JT-C31JT-C16CT-5100AT-2300
端末
イメージ
stera terminal(JT-C60) イメージVEGA3000 イメージJT-C31 イメージJT-C16 イメージCT-5100 イメージAT-2300 イメージ
外形寸法
W×D×H
本体のみ
108mm×
266mm×
100mm
78mm×
190mm×
78mm
103mm×
166mm×
95mm
92mm×
159mm×
99mm
106mm×
155mm×
119mm
84mm×
190mm×
39mm
CCT
(本体)
FG-T
Panasonic製
FG-T
CASTLES TECHNOLOGY製
CAFIS Arch
Panasonic製
INFOX
Panasonic製
INFOX
東芝テック製
クレピコ
セイコーソリューションズ製
銀聯
多通貨決済××
電子マネーiD,Edy,交通系,WAON,PiTaPa等iD,Edy,交通系,WAON等iD,Edy,交通系,WAON等iD,Edy,交通系,WAON等iD,Edy,交通系×
価格目安
R/W除く
7~9万円
(税込)
7~8万円
(税込)
6~11万円
(税込)
6~10万円
(税込)
6~11万円
(税込)
8~9万円
(税込)
特長デュアルスクリーンの
オールインワン端末
コード決済も対応可能
決済以外の機能追加が可能
オールインワン端末シンクライアント方式
の多機能端末
マルチ決済対応の汎用端末TEC-POSと相性良モバイル決済端末

対応しているコード決済

決済手数料

決済手数料などは企業や条件によって異なり一概には言えない為、数値としては出していない。ただし複数の事業者を通さずにすむので、割安で提供が可能と話す。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事