Carstayが「モバイル・オフィス」プロジェクト開始!マンションや住宅街などの駐車場をモバイル・オフィス化

キャンピングカーを含む車中泊仕様の車と車中泊スポットのシェアサービスなど「バンライフ」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社は、個人や法人向けに、車中泊旅を主な目的として利活用するキャンピングカーを「動くオフィス」「動く会議室」として、主に仕事空間を提供する「モバイル・オフィス」プロジェクトを開始しました。

その第一弾として、Carstayは月極駐車場のデジタルトランスフォーメーションを推進する株式会社ハッチ・ワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:増田知平)と提携し、2月1日から、同社が運営する都内の月極駐車場に「モバイル・オフィス」を設置、駐車場周囲の住民向けに、集中して仕事ができる個室空間を提供します。また、同時に、マンションやアパートなどの住宅用地や、オフィス用地の駐車場に「モバイル・オフィス」の設置を希望する企業や管理者を公募します。

  • 「モバイル・オフィス(Mobile Office)」とは

Carstayの「モバイル・オフィス」とは、国内最大級のキャンピングカー予約サービス「バンシェア」を介してキャンピングカーを含む車中泊仕様の車を、テレワークを推進する企業や個人向けに「動くオフィス」「動く会議室」「動く書斎」として、週末や祝日などの休日には車中泊旅などの娯楽用途として、利用することができるプロジェクトです。

ハッチ・ワークは、全国各地に3万箇所(約30万台)の月極駐車場を募集・契約・運営支援するシステム「at PARKING 月極パートナーシステム」を利活用し、Carstayと共に「モバイル・オフィス」を設置、双方の強みを活かすことで、新しい働き方を提案、テレワークにおける社会課題を解消します。

  • 解決したい社会課題

テレワークが推進されるコロナ禍、会社員の自宅での就業時間は増加傾向にあります。しかし、会社員の仕事場はこれまで勤務先だったことから、自宅内に書斎などの個室がなく、家族などの交流空間のリビングやダイニングなどに新たに仕事場を設ける人が多いことから、自宅スペースに限界とストレスを感じながら日々過ごす夫婦・家族がいるなど、テレワークのスペース確保に課題を感じている人も少なくありません。

  • キャンピングカーを「動くオフィス」として活用

そこで、「自宅に在宅勤務スペースがない」課題を解消すべく、Carstayはキャンピングカーを“仕事部屋”として住宅街などに設置し利用できる「モバイル・オフィス」プロジェクトを発足。利用者は「バンシェア」にユーザー登録し、使用時間帯を予約、最大1時間、無償で利用することができます。

キャンピングカーを活用した書斎「モバイル・オフィス」により、自宅内に仕事空間を新たに改装し設けるなど、費用をかける必要もありません。

また、部屋数が少ないマンションやアパートなどの駐車場にも「モバイル・オフィス」を設置、管理者などの不動産会社は、住人に共有利用できる仕事スペースを提供することで、より広い住居への引っ越し防止策としても「モバイル・オフィス」を役立てることができます。

 さらに、住宅街だけでなく、一軒家の駐車場に書斎が結合・拡張されたかのようにキャンピングカーを「モバイル・オフィス」として駐車し、書斎として利活用することも可能です。

ハッチ・ワークは、月極駐車場を「ラストワンマイルのハブ」として、自動車、サービス、物流、エネルギー、広告・通信など幅広い領域の事業者と連携し、月極駐車場から生まれる新サービスを提供することで、人々の生活を豊かにすると共に、管理会社・オーナーに新しい収益機会を提供します。

なお、昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、旅行業界の事業は自粛状態でした。しかし、Carstayは、CarLife Japanを含む、数多くの企業や個人と連携、支援を受けて「バンシェア」を活用し、「バンシェルター」を展開、合計27施設の医療機関や被災地へ53台のキャンピングカーを、休憩・診療が可能な「動くオフィス」として提供しました。

Carstayは今後も、キャンピングカーなど車中泊仕様車の応用利用を増加させ、車が働く・遊ぶ・暮らしの拠点となる新たなライフスタイル「バンライフ」の世界観を浸透させるべく、モビリティ(移動体)をとおした、事業の拡大を目指します。

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事