米オーロラ・イノベーションがトヨタとデンソーと自動運転技術分野で提携を発表

米国オーロラ・イノベーション(Aurora Innovation)は、トヨタ自動車およびデンソーとの「長期的・グローバル戦略的な提携を発表しました。

創業80周年を迎えたトヨタは、 すべての人のモビリティに関する大胆なビジョン彼らのビジネスモデルの変革と相まって、次のように説明しています。「友人やパートナーなしで自分たちで開発を行うのではなく、私たちの願望を共有する他の人とパートナーを組み、協力することができます。」本日、オーロラはそのビジョンの一部となり、最新のマイルストーンを発表することに興奮しています。トヨタとデンソーとの長期的、グローバル、戦略的コラボレーションであり、それぞれ最大のグローバルメーカーと一流の自動車サプライヤーの1つであり、自動運転車をグローバルに展開します。

2つの目的

このコラボレーションには、2つの主要な目標があります。

  • エンジニアリングチームが一堂に会し、トヨタシエナをはじめ​​、オーロラドライバーを搭載した自動運転車の開発とテストを行います。2021年の終わりまでに、開発地域の近くでこれらのシエナの最初の艦隊を設計、構築、およびテストを開始する予定です。
  • これにより、当社は、今後数年間で、Uberを含む配車サービスネットワーク上でトヨタとこれらの車両の大量生産、発売、およびサポートの基礎を築くための基礎を築きます。この長期的な取り組みの一環として、デンソーによる主要な自動運転コンポーネントの大量生産と、これらの車両が大規模に展開される際の資金調達、保険、メンテナンスなどの包括的なサービスソリューションをトヨタと共同で検討します。

AuroraCEOのChrisUrmson

「トヨタには、比類のないレガシー、エンジニアリングの専門知識、リーダーシップ、および高品質で手頃な価格の信頼性の高い車両を提供する能力があります。彼らはまたライダーを輸送するための好ましい車両ブランドライドヘイリングネットワークで、AuroraDriverで無人運転サービスのロックを解除するために彼らと協力できることを嬉しく思います。私たちの最初の商用製品である自動運転トラックをサポートするための高速道路の運転に関する開発作業も、人々を安全に移動させるために重要です。今日のライドシェア予約のかなりの部分が時速50マイル以上の運転能力を必要とするからです。」 

トヨタ執行役員兼コネクテッドカンパニープレジデントの山本圭司

車両制御システム、量産、コネクテッドカー技術、高度な安全サポートシステムに関する専門知識とノウハウを、自動運転技術に対するオーロラの業界をリードするアプローチと組み合わせることで、安全で高品質な商品化と提供を目指しています、そして手頃な価格の自動運転車とサービス。」

私たちは長い間、それは私たちの戦略的パートナーシップと 独立した柔軟性このテクノロジーを実現するための輸送エコシステム。グローバルな製造パートナーにより、手頃な価格の製品とネットワークパートナー大規模な展開が可能になり、今では両方が独自に用意されています。私たちのパートナーは長距離を約束し、将来のビジョンを共有し、無人のライドシェアリング市場に参入してリードするための明確な道を切り開きます。オーロラでは、迅速に行動し、技術的な敏捷性と強力なパートナーシップを組み合わせて、自動運転のリーダーとなるためのリソースと勢いを提供し続けています。

勢いはオーロラで続き、私たちは すべての分野での採用私たちの世代の最大の課題の1つを解決するのに役立ちます。私たちのキャリアページをチェックして、募集中のポジションを確認し、オーロラで働くことがどのようなものかについて学びましょう。

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事