未分類

日立が非接触でエレベーター利用を可能にする「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」を開始

2020年9月24日

株式会社日立製作所と、株式会社日立ビルシステムは、建物内の非接触での移動・生活を実現するタッチレスソリューションのラインアップを強化して、LINE株式会社との連携により、日立ビルシステムのエレベーターのLINE公式アカウントと友だちになることで、利用者個人のスマートフォンでエレベーターの呼び出しと行先階登録が行える「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」を開発し、2020年10月16日から受付を開始しました。 また新設エレベーター向けには、エレベーターホールや乗りかご内のセンサーに手をかざすことでボタンに触れずにエレベーターの呼び出しや行先階登録の操作が行える非接触登録装置の開発を進め、2020年11月に提供開始する予定です。

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、社会のあり方や人々の生活様式が変容し、新常態(ニューノーマル)を見据えた社会課題が生まれています。ビル分野においても、感染リスクの低減に向けて、エレベーターなどの共用設備に手を触れない形での移動や、ソーシャル・ディスタンシングといった新たな対応が求められています。こうした背景のもと、日立と日立ビルシステムは、2020年4月に、建物内の非接触での移動・生活を実現するタッチレスソリューションを体系化しました。

具体的には、防犯カメラなどでの顔認証・人流解析や、ハンズフリータグの活用による、建物エントランスからエレベーター、執務室などの専有部までの非接触での建物内移動、コミュニケーションロボット「EMIEW」による対面業務の代替、サーマルカメラによる発熱者検知などのソリューションを提案しています。

  今回、日立と日立ビルシステムは、主として既設エレベーター向けに、コストをかけずに非接触での利用を実現するソリューションとして「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」を開発しました。また、主として新設エレベーター向けに、よりシンプルかつスムーズな利用を可能にする非接触登録装置の開発を進めており、2020年11月にラインアップに追加する予定です。

LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス概要

1. LINEアプリでエレベーターを呼び出してタッチレスで利用可能

  「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」は、日立ビルシステムのエレベーターのLINE公式アカウントから、エレベーターの呼び出しと行先階登録が行えるサービスです。利用者は、エレベーターホールなどに用意したQRコード(二次元バーコード)を読み込み、利用したいエレベーターのLINE公式アカウントを友だち登録し、トーク(メッセージのやり取り)でエレベーターの呼び出しと行先階の登録を行うことで、ボタンに触れることなく、エレベーターを利用することができます。自宅や職場など、利用機会が多い建物のエレベーターのLINE公式アカウントをあらかじめ友だち登録することで、よりスムーズな利用が可能になります。

2. ビルオーナーも利用者も利用しやすいサービス提供形態

  本サービスは、日立ビルシステムと保全契約を結び、遠隔監視を行っている標準型エレベーターが対象*1で、保全契約に含まれるサービスとして提供します。また、日本国内で8,400万人以上の月間アクティブユーザー*7を持つLINEアプリをサービス基盤としたことで、高いユーザビリティ、利便性を実現しました。

「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」の利用方法

[画像]「LINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス」の利用方法

非接触登録装置の概要

  非接触登録装置は、エレベーターホールの乗り場ボタン(上下ボタン)や、乗りかご内の行先階ボタンとセンサーを併設し、直接ボタンに触れることなく、センサーに手をかざすことで、エレベーターを呼び出し、行先階を登録することができる装置です。新設エレベーター向けのオプション(有償付加)仕様として提供する予定で、既設エレベーターへの設置については個別に対応を検討します。

sauce:プレスリリースより

-未分類
-,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.