Google「スマホのカメラで心拍数・呼吸数を測定」新機能をリリース

Googleがスマホのカメラを使い心拍数・呼吸数を測定する事が出来る機能をリリースしました。まずはPixelからが対応します。

測定方法は

呼吸数を測定するには、携帯電話の正面カメラを視野に入れて頭と胴体上部を配置し、正常に呼吸する必要があります。心拍数を測定するには、後ろ向きのカメラレンズに指を置くだけです。 

これらの測定値は、医学的診断や病状の評価を目的としたものではありませんが、GoogleFitアプリを使用して日々の健康状態を追跡および改善する人々に役立つことを願っています。測定が行われたら、アプリに保存して、他の健康とウェルネスの情報とともに、時間の経過に伴う傾向を監視することを選択できます。

ますます強力なセンサーとコンピュータービジョンの進歩のおかげで、これらの機能を使用すると、スマートフォンのカメラを使用して、呼吸数を測定する胸の動きや心拍数に対する指の色の微妙な変化など、ピクセルレベルで小さな物理信号を追跡できます。 。

私たちは両方の機能を開発し、それらを検証するための初期臨床試験を完了したため、さまざまな現実の条件で、できるだけ多くの人々のために機能します。たとえば、心拍数アルゴリズムは、誰かの指先の色の変化から血流を概算することに依存しているため、すべての人に役立つように、照明、肌の色、年齢などの要素を考慮する必要があります。 

ハードウェアとソフトウェアの継続的な進歩により、健康とウェルネスに最も役立つ可能性のあるデバイスがすでにポケットに入っている場合があります。私たちの研究者、エンジニア、臨床医のチームは、日常のデバイスと安価なセンサーが人々に健康管理に必要な情報と洞察をどのように提供できるかを探っています。 

sauce:公式ブログより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事