富士通がATMに非接触操作を可能にする空中ディスプレイ

富士通株式会社と、富士通フロンテック株式会社は、このほど、ATMにおける新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、ATMの非接触操作が可能なフレームを搭載する技術、および空中に映像を表示し操作可能な空中ディスプレイを活用したATMを開発した事をリリースしました。またこれにより2020年12月15日から、広島銀行、長野県信用組合と共同で非接触操作が可能なフレームを搭載したATMの実証実験を行います。また広島銀行とは空中ディスプレイを活用したATMについても、2021年5月より実証実験を開始します。

非接触操作が可能なフレームを搭載したATMの実証実験概要

1. 時期と場所

実施開始日2020年12月15日(火曜日)実施場所広島銀行 八丁堀支店 (広島市中区八丁堀16-11)長野県信用組合 本店営業部 (長野市新田町1103-1)

2. 非接触操作が可能なフレームを搭載したATMの特長

  • 既存ATMのタッチパネル部に赤外線センサーを搭載したフレームを取り付け、そのフレームとATM本体をUSB接続することで、利用者はパネルに触れることなく、ATMのタッチパネルから指を数センチ離した位置で操作できます。
  • フレームには、上下2段階に指を検知するセンサーがついています。第一検知ラインに加えて、第二検知ラインでも指の動きを検知できるため、操作時にフレームから大きく手を上部へ離す動作が不要で、自然な操作感を実現しています。(図参照)
  • 既存のATMのタッチパネルも有効にできるため、操作に不慣れな方は、従来同様にタッチパネルに触れて操作できます。

    • 非接触操作が可能なフレームを搭載したATM

空中ディスプレイを活用したATMの実証実験概要

1. 時期と場所

実施開始時期2021年5月(予定)実施場所広島銀行 本店営業部 (広島市中区紙屋町1-3-8)

2. 空中ディスプレイを活用したATMの特長

  • 特殊構造のプレートを使いプレート上の空間にATM画面を結像し、あたかも空中にATM画面が浮かんでいるように投影します。投影画面は空間検知センサーと連動しており、利用者は空中に浮かんでいるATM画面に疑似的に触れることにより非接触でATMを操作できます。
  • さらに空中に浮かんでいるATM画面は、正面の一定の位置からしか見えないため、左右からの操作画面の覗き込みや操作位置の特定を防ぎ、セキュリティ向上にも寄与します。

    • 空中ディスプレイを活用したATMのイメージ

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事