西武ホールディングスがコロナ禍における新しい購買スタイル!スマートコインロッカーを使った駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」提供開始

株式会社西武ホールディングスは、株式会社そごう・西武、セントラルオペレーション株式会社、および株式会社SPACERと協業し、実証実験として、本年2月8日(月)より、オンラインで注文した西武池袋本店の人気スイーツ等の商品を、西武鉄道の駅構内に設置するスマートコインロッカーで気軽に受け取ることができる駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」 の提供を開始します。

百貨店等の商業施設における対面での商品購入は、日常生活の一つの楽しみですが、コロナ禍においては新しい生活様式が求められ、密を避けた非対面によるモノやサービスの購買を求める声が高まっています。一方で、増加するECサイトの宅配では、在宅時に受け取れずに再配達となるケースが増加し、そのために余計にトラックが走行することで、年間で42万トンのCO2が排出され、9万人相当の労働力がロスしているとの試算があり社会課題となっています。

そのような中でBOPISTA(ボピスタ)は、オンラインで購入した商品をリアルな店舗で受け取る購買スタイルBOPIS(BuyOnline, Pick-up In Store)の新しい形として、駅の立地を生かした駅配サービス(Buy Online, Pick-up In Station)です。駅構内の専用ロッカーを活用することで、自らの生活動線のついでに非対面でのスマートな商品受け取りが可能となり、バレンタインデーやホワイトデーといった繁忙期でもお店の混雑や閉店時間を気にせずお買い物ができます。また、駅間の商品輸送は西武グループが鉄道を利用して行うことで、社会課題となっている物流における環境負荷の軽減に資する可能性を模索してまいります。サービス概要は別紙のとおりで
す。なお、スマートコインロッカーで受け取りができる商品・サービスの詳細は本年1月下旬頃に発表します。


本取り組みは、新規事業を創造するための専門部署「西武ラボ」が主体となり、オープンイノベーションを通じて昨今の生活者の価値・行動変容を捉えた新規サービスの1つとして共創している事業です。西武グループでは、コロナショックを乗り越えてアフターコロナの社会でお客さまに良質なトータルサービスを提供すべく、当社グループが有するリアルな顧客接点とデジタルサービスを融合させたOMO(Online Merges with Offline)サービスの事業創造を、外部パートナーと共に行ってまいります。

BOPISTA(ボピスタ)について

1.サービス概要
お客さまは商品を専用ウェブサイトで注文。通勤帰りなど自分の好きなタイミングに、駅にある専用ロッカーで商品を受け取れます。お店の混雑や閉店時間を気にせずに、スマートに西武池袋本店の商品を購入できます。
オンラインで購入した商品をリアルな店舗で受け取る購買スタイル「BOPIS(Buy Online Pick-up In Storeの略称)」に対して、「Store」を「Station(駅)」に置き換えた駅配のショッピングスタイルです。
https://bopista.com/
※「BOPISTA(ボピスタ)」は株式会社西武ホールディングスが提供するサービスです
※専用ウェブサイトは現在開発中です
※ご利用には SPACER ロッカーを開錠するためのアプリ「SPACER」のダウンロードが必要です
今回の実証実験の取り組みでは、西武鉄道池袋線の池袋駅、富士見台駅、所沢駅に SPACER のスマートコイ
ンロッカーを設置します。お客さまはスマートフォンや PC を使い専用ウェブサイトから西武池袋本店の商品を購入し、
ご希望の駅のロッカーで、自分の好きな時間帯に購入商品の受け取りが可能になります。


2.実施期間および利用時間
■実施期間 実証実験として、2021年2月8日(月)から2021年3月31日(水) 【土日祝日を除く】
■受取可能時間 最短3時間後から受け取り可能 【土日祝日を除く】
■注文可能時間 平日24時間注文可能 【土日祝日を除く】
※但し、土日祝日の前日は17時まで、土日祝日の翌日は朝6時から注文可能


3.サービス提供駅(西武鉄道池袋線)
池袋駅、富士見台駅、所沢駅(いずれも改札外に設置予定)

4.購入可能商品
西武池袋本店のスイーツ(常温保存可能な焼き菓子等)、ギフト(化粧品、小物等)の一部商品
厳選された商品の詳細は本年1月下旬頃に発表予定
※温度管理が必要な食品や弁当類、そう菜はお取り扱いしません
※取り扱い商品は、仕入れ状況等により変更になる可能性があります


5.利用料金
原則、商品代金に応じて利用料として100~500円を課金
実施期間中には、配達料割引キャンペーンを実施予定

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事