ドコモが最短1時間前の人口が10分毎にわかる新たな人口分布統計「国内人口分布統計」の提供を開始

NTTドコモは、提供中のモバイル空間統計のラインナップの一つとして「国内人口分布統計(リアルタイム版)」を2020年1月22日(水曜)より提供開始します。基地局の位置情報をもとに、リアルタイムな国内全域の人口統計を提供することは日本で初めてです。

プレスリリースより

モバイル空間統計は、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みをもとに作成される統計情報を提供するサービスで、従来は最短2日前の人口分布を性別・年代別・居住地別で1時間ごとに提供してましたが、このサービスはモバイル空間統計の強みであるデータの母数と正確性をそのままに、最短1時間前の情報を10分ごとに提供できるようになりました。

例えば、店舗経営者は商圏における当日の人口増減を把握できるため、売上を予測して弁当や総菜などの生産調整を行い、フードロスを軽減することができます。また、道路管理運営事業者は観光地など特定エリアの当日の人口増減を把握することで、管理下の道路の渋滞発生を予測し、スマートフォンアプリなどを通してドライバーに精度の高い渋滞予知情報を提供することが可能です。

国内人口分布統計(リアルタイム版)概要

1. モバイル空間統計における位置づけ

モバイル空間統計は、「人口分布統計(特定エリアにおける1時間ごとの平均人口を統計化)」と「人口動態統計(特定地点間の移動量を統計化)」の2つのサービスで構成され、それぞれ「国内居住者」と「訪日外国人」のデータを分析することができます。今回「人口分布統計の国内居住者」の分析結果の提供時間を短縮し、「国内人口分布統計(リアルタイム版)」として提供開始します。

2. 従来の国内人口分布統計とリアルタイム版の比較

 従来のモバイル空間統計における
国内人口分布統計
国内人口分布統計(リアルタイム版)
データ取得方式基地局情報
属性情報性、年代、居住地
位置情報の鮮度最短2営業日前最短1時間前
時間粒度1時間毎10分毎
空間粒度500m等

3. 国内人口分布統計(リアルタイム版)の可視化システムによるアウトプットイメージ

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事