テレキューブサービスがコンビニ内初となるセブンイレブン飯田橋升本ビル店に個室型スマートワークブース「テレキューブ」を設置

ブイキューブの関連会社であるテレキューブサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小山田佳裕、以下テレキューブサービス)は、セブンイレブン飯田橋升本ビル店に設置場所として国内で初めて、コンビニエンスストアに個室型スマートワークブース「テレキューブ」を実証実験として設置します。12月30日よりサービスを開始します。

働き方改革や大規模イベントにおける交通混雑緩和や、新型コロナウイルスの流行で注目とニーズがさらに高まっているテレワーク。企業で、個人で、さまざまな方法で対応が進められていますが、公共の場で確保できるワークスペースは、シェアオフィスやカフェなどに限られてしまいます。加えて、効率的なテレワークのための「静かで業務に集中できるスペース」「声を出してWEB会議を行えるスペース」などの場所の確保は、難しいのが現状です。

このような社会課題を踏まえ、テレキューブサービスは、静かで、集中でき、声も出すことができる快適なテレワーク環境の構築を目指し、個室型スマートワークブース「テレキューブ」を、2019年8月の設立以来、公共の場に展開してきました。これまでに、オフィスビルや鉄道駅、商業施設など、様々な生活に密着した場にテレキューブを設置することで、テレワークの場所がないという課題解決に取り組んできました。

今回、そのような場として、テレキューブサービスは、地域社会の生活のインフラにもなっているセブンイレブン飯田橋升本ビル店にコンビニエンスストアとして初めて「テレキューブ」を設置、コンビニエンスストアにおけるテレワークニーズの実証実験を開始しました。生活のインフラであるコンビニエンスストア内で展開することで、WEB会議などのワークスペースを探すビジネスパーソン、面接や趣味・学びの時間を過ごすプライベートスペースを必要とする方の課題解決を支援できると考えています。

設置する「テレキューブ」は、快適なテレワーク環境を提供すると同時に、個室型での展開、1分以内での筐体内完全換気機能の搭載、さらに、菌やウイルスを不活性化する「まるごと抗菌コーティング」の施工により、できうる限りの感染症対策を実施することで、より安心かつ快適な仕事環境を提供する取り組みを続けています。

今後も、テレキューブサービスは、社会ニーズに沿ったより良いテレワーク環境、プライベート空間を提供し、快適で豊かな生活への寄与に取り組んでいきます。

<設置店舗概要>
所在地 :東京都新宿区揚場町1−21
アクセス:東京メトロ 南北線、東西線、有楽町線「飯田橋駅」徒歩3分
     都営地下鉄 大江戸線「飯田橋駅」徒歩3分
     JR中央・総武線「飯田橋駅」徒歩4分
設置台数:1人用1台

<スマートワークブース「テレキューブ」について>
「テレキューブ」は、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務、電話、Web会議などでのコミュニケーションが可能なスマートワークブースです。詳細は、こちらをご覧ください。https://telecube.jp
また、現在の設置場所はこちらをご覧ください。https://telecube.jp/location/

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事