ドコモがお台場にXR専用撮影スタジオ「docomo XR Studio」を開設

株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、2021 年 1 月、お台場のテレコムセンタービル内に、XR専用の撮影スタジオ「docomo XR Studio」(以下、本スタジオ)を開設しました。このスタジオの開設は、XR コンテンツ作成に関する研究開発およびコンテンツ作成者との協創が目的との事です。

本スタジオには、撮影画像から 3D 空間を再構成する「Volumetric Video(ボリュメトリックビデオ)」撮影装置を設置しています。Volumetric Video 撮影技術(以下、本技術)は、人やモノなどの被写体を多数のカメラを含む専用装置を用いて全方位から撮影し、被写体そのままの 3D コンテンツを作成できる技術で、特に被写体の動きを高精度にデジタル化できることが特徴です。

本技術は、XR 向けのコンテンツ作成技術として既にスポーツ、ミュージックビデオを含むエンターテインメント領域で活用されており、研修・教育分野など多様な領域での利用も期待されています。
本スタジオには、撮影装置として、グリーンバック(緑色の背景)不要で Volumetric Video 撮影ができる「TetaVi Studio®」を設置しています。また今後、「Mantis Vision Volumetric Studio 3iosk」や「SHUN‘X」の設置を予定しています。

 「TetaVi Studio」「Mantis Vision Volumetric Studio 3iosk」は、通常の Volumetric Video 撮影時に必要なグリーンバックが不要なため、グリーンバックの映り込みによる変色がなくより忠実なカラーの再現が可能になります。両装置は、いずれも本スタジオが日本初の導入事例※2となります。
 「SHUN‘X」は、撮影から約 20 秒で 3D アバターを生成できるスキャナーシステムで、ポケットアバター※3やダンシングアバター※4 で活用しています。


ドコモは、本スタジオの開設・運営を通して、本技術などの XR 関連の研究開発やコンテンツ作成者との協創を推進し、XR 技術を活かしたコンテンツ作成、提供手法の可能性に関して、今後も検討してまいります。

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事