三井住友カードが日本初!鉄道でVisaタッチ決済を発表へ steraを活用し京都丹後鉄道で距離制運賃の支払いが可能

三井住友カード株式会社とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、次世代決済プラットフォーム「stera」を活用し、均一運賃に加え、乗降情報から運賃計算を行う距離制運賃(距離に基づき変動する運賃)にも対応した決済ソリューションを提供開始する事をリリースしました。

その第一弾として、2020 年 11 月 25 日より、WILLER 株式会社と共に、京都丹後鉄道で均一運賃・距離制運賃に対応した Visa のタッチ決済の取り扱いを開始いたします。また鉄道での Visa のタッチ決済の導入も日本初です。

steraの活用

このサービスは「stera」と QUADRAC 株式会社の公共交通機関向けシステムを連携することにより、運賃計算や、リスク管理、更には企画券等の様々なサービスをクラウド経由で提供することが可能なほか、乗降時に Visa のタッチ決済に対応したカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォン等を車内・駅構内に設置された決済端末にかざすだけで乗降が可能となり、スピーディーかつ安心・安全で、便利にご利用いただけます。本サービスは、日本全国における様々な料金体系の公共交通機関への展開が可能であり、日本の消費者の皆さまに世界で普及が進んでいる Visa のタッチ決済を、お支払いの選択肢として提供することが可能になります。

steraとは?

三井住友カードが、事業者・消費者が共に利用しやすい環境を作るために全く新しい決済プラットフォームとして、GMOペイメントゲートウェイ株式会社とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と提携して構築した決済プラットフォームです。その名称には「次世代の舵をきる」(steer+era)という思いが込められています。

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事