みちのりホールディングスが会津バスと福島交通で路線バスにVisaのタッチ決済とQR決済を導入へ

株式会社みちのりホールディングスは、会津バスの運行する高速バス「会津若松・福島-仙台空港線」と、福島交通の運行する路線バス「郡山-福島空港線」の車内で、キャッシュレス決済を導入する事をリリースしました。

キャッシュレス決済

車内におけるキャッシュレス決済手段は、Visaのタッチ決済およびQRコード決済で、カードやスマートフォンをリーダにかざしたり、画面をスキャンするだけで乗車ができるためお客様の利便性向上とともに、運転士と乗客の接触がないことで新型コロナウイルス感染予防対策としても有効です。

1. 車内キャッシュレス決済の目的

 お客様の利便性向上を通じた高速バス・路線バスの利用促進
 新型コロナウイルスの感染予防
 運転手の業務負荷の軽減
 インバウンド観光客の利便性の向上

2. キャッシュレス決済の概要

 キャッシュレス決済の種類
・Visa のタッチ決済
・PayPay、Alipay、LINE Pay、楽天ペイ
 利用開始日
2020 年 10 月 28 日(楽天ペイは 12 月以降を予定)
 対象路線:会津若松・福島-仙台空港線(福島交通・会津バス)
郡山-福島空港線(福島交通)

3. 各社の役割

 みちのり HD:サービス設計、システム導入支援
 福島交通・会津バス:高速バス・路線バスの運行、システム運
 小田原機器:キャッシュレス決済用システム(タブレット端末等)の開発・提供

4. 本サービスの特徴

 多様な決済方法
Visa のタッチ決済のバス車内利用とともに、各種 QR 決済(PayPay、Alipay、LINE Pay、楽天ペイ)を備える。
 コンパクトな端末
バス車両の乗降口にタブレット端末を設置し、「Visa のタッチ決済」か「QR コード決済」かいずれかを選択し決済を行います。そのほかの外付けのデバイスを不要としており、バス車内でのコンパクトな端末設置を実現しています。
 多区間運賃の対応
ご乗車するお客さまの現金準備や両替の負担を軽減し、スムーズに乗降頂けるとともに、各キャッシュレス決済が展開する還元やポイントなどにより、お得に利用できます。

5. 利用方法

 Visa のタッチ決済の利用方法 (次ページ参照)
 降車時にタブレット端末にて、Visa のタッチ決済を行います。
 Visa のタッチ決済対応のカードやモバイル端末をタブレットにかざすだけで決済が終了します*。
 QR コード決済の利用方法 (次ページ参照)
 降車時にタブレット端末と QR コードリーダにて、QR コード決済を行います。
 利用形態はストアスキャン方式となります。お客さまがご自身のスマートフォンに QR コードアプリを表示し、QR コードリーダに各ブランドの QR コードをかざすことで決済されます。なお、スマートフォンに表示した QR コードのブランドを自動判別し、決済ができます。

Visaタッチ決済/QR コード決済利用方法

6. みちのりグループのキャッシュレス決済への取り組み状況

みちのりグループでは、今回同様のキャッシュレス決済をグループ各社にて積極的に展開しております。また、その中で Visa のタッチ決済のバス車内への導入は日本初となっております。

●みちのりグループ各社でのキャッシュレス決済の導入
7 月 29 日 茨城交通 勝田・東海―東京線
9 月 26 日 岩手県北バス 宮古―盛岡線(106 急行)
10 月 28 日 福島交通・会津バス 会津若松・福島―仙台空港線 福島交通 郡山―福島空港線

sauce:プレスリリースより

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事