空間 遠隔

ドコモが世界最軽量クラス約49g「軽量ディスプレイグラス」の試作機を公開!日常使いが可能なグラス型ウエアラブルデバイス

株式会社 NTT ドコモは、開発を進めている「軽量ディスプレイグラス」の試作機を公開します。本試作機は、グラス型ウエアラブルデバイスです。USB Type-C 端子搭載、DisplayPort AlternateMode 対応の Androidスマートフォンなどと、デバイスに付属のケーブルを接続するだけで、スマートフォンなどのコンテンツを大画面(4m 先を見た場合に約 100 インチ相当)で楽しむことが可能です。長時間の着用が可能な世界最軽量クラスとなる約 49gの軽量性と、眼鏡のように気軽に着脱でき、折り畳んでコンパクトに持ち運べる高い利便性を実現しました。日常で使えるグラス型デバイスとして、ミニマルなデザインとなっています。また、ディスプレイはシースルー構造となっていて、装着時も周囲の状況を確認しながら自分だけの画面で仕事をしたり、動画を視聴しながら両手を使った作業をしたりすることが可能です。

軽量ディスプレイグラス試作機のスペック

ディスプレイ方式 OLED
解像度 フル HD(1,920 × 1,080)
FOV 約40度
質量 約49g (フロントアタッチメント、ケーブルを除く)
スピーカー 〇 ステレオスピーカー
マイク 〇
接続I/F USB Type-C (DisplayPort Alternate Mode)

デザインと透過度の異なる 3 種類のフロントアタッチメントをワンタッチで交換でき、シチュエーションやコンテンツに応じて簡便に使い分けられます。なお、本試作機については、2021 年 2 月 4 日(木)から 2 月 7 日(日)まで、ドコモの最新技術を紹介するイベント「docomo Open HouseTM 2021」で紹介します。


◆「docomo Open House 2021」イベントサイト: (イベントはオンラインで開催します)
https://docomo-openhouse-2021.jp

sauce:プレスリリースより

-空間, 遠隔
-

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.