ハードウェア

Xiaomiが数メートル先にも無線充電できるMiエアチャージ技術を発表!未来は無線充電が当たり前

2021年1月31日

Xiaomi(シャオミ)が、公式ブログにて数メートル先にも無線充電できるMi Air Charge(Miエアチャージ)技術を発表しました。

Mi Air Charge Technology 5Wリモート充電

Xiaomiのリモート充電のコアテクノロジーは、スペースポジショニングとエネルギー伝達にあります。Xiaomiの自社開発の絶縁型充電パイルには、スマートフォンの位置を正確に検出できる5つの位相干渉アンテナが組み込まれています。144個のアンテナで構成される位相制御アレイは、ビームフォーミングを介してミリメートル幅の波を電話に直接送信します。

スマートフォン側では、Xiaomiは「ビーコンアンテナ」と「受信アンテナアレイ」を内蔵した小型アンテナアレイも開発しました。ビーコンアンテナは、低消費電力で位置情報を放送します。14本のアンテナで構成される受信アンテナアレイは、充電パイルから放出されるミリ波信号を整流回路を介して電気エネルギーに変換し、SF充電体験を実現します。

現在、Xiaomiリモート充電テクノロジーは、半径数メートル以内の単一デバイスに対して5ワットのリモート充電が可能です。それとは別に、複数のデバイスを同時に充電することもでき(各デバイスは5ワットをサポートします)、物理的な障害物でさえ充電効率を低下させることはありません。 

将来リビングルームは完全にワイヤレスに

近い将来、Xiaomiの自社開発のスペースアイソレーション充電テクノロジーは、スマートウォッチ、ブレスレット、その他のウェアラブルデバイスでも使用できるようになります。間もなく、スピーカー、電気スタンド、その他の小型スマートホーム製品を含むリビングルームのデバイスはすべて、完全にワイヤレスのワイヤレス電源設計に基づいて構築され、リビングルームは真にワイヤレスになります。

これは、ワイヤレス充電の革新的なイノベーションです。
これは、家全体をワイヤレスにする大胆な試みでもあります。
それは空想科学小説ではなく、テクノロジーです。
これはXiaomiの自社開発のリモート充電技術です。

-ハードウェア
-,

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.