「AvaTalk」を活用したアバターガイドが渋谷駅ハチ公前観光案内所「SHIBU HACHI BOX」内に10/1オープン

HEROES株式会社は、HEROESが開発したアバターコミュニケーションプラットフォーム“AvaTalk(アバトーク)”を活用したアバターガイド「AvaGuide」を、2020年10月1日(木)渋谷駅ハチ公前広場観光案内所「SHIBU HACHI BOX」内に導入しました。

「SHIBU HACHI BOX」では、アバターと人が協力して渋谷をガイドする「近未来」のコミュニケーションを体験することができます。

観光案内スペースには、有人スタッフによる観光案内だけでなく、HEROESの“AvaTalk”を活用したリモート&非接触型の観光案内を受けることもできます。アバターを介したリモートワークの人による観光案内のため、リアルなコミュニケーションを取りながら様々な渋谷の魅力を紹介してくれます。

今後はインバウンドの観光客に向け日本語のみならず英語で会話するアバターの導入や、女性と男性のアバター、幅広い年齢層に対応したアバター、季節やイベントに合わせた衣装を身にまとったアバターなど、コロナに負けない新しい対話スタイルとして、「遊び心で、渋谷を動かせ。」&「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」の創造にアバターコミュニケーションを通して寄与していく予定です。

■AvaTalkとは

“AvaTalk”は、お互いの表情と連動したアバター(Avatar)を介して話し(Talk)をする「対話ツール」です。コトバで対話する「オーラルコミュニケーション」をベースに、日常の会話を気軽に楽しむことで、相手の顔を見て直接会話するのが苦手な人達にも、“先ずは、 顔を出さずにアバターで、 気軽に誰かと話をする” キッカケを与え、その解決への対話ツールとなることが目標です。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事