中国人民銀行が市民5万人にデジタル通貨を発行し深セン市羅湖区内で大規模実験を開始

中国広東省深セン市が10月12日から市民5万人を対象にデジタル通貨の大規模な実証実験を始めると国営新華社通信が報じました。

抽選で選ばれた市民は、スマホにデジタル通貨用のウォレットアプリを入れ200元(約3200円)分の通貨を受け取り、深セン市羅湖区内のスーパーなどの店舗で約1週間ほど使用できるとの事。

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事