ソフトウェア ハードウェア 交通 施設 空間

高輪ゲートウェイ駅はQRコードで通過する自動改札・ウォークスルー無人AI決済店舗・自律移動型AI案内ロボなどミライの駅に

2019年12月3日

JR東日本は2020年春に開業予定の高輪ゲートウェイ駅の概要を発表し、QRコードで通過する自動改札・ウォークスルー無人AI決済店舗・自律移動型AI案内ロボなど新たな駅サービス設備の試行導入・これまでにないエキナカ店舗が誕生します。

高輪ゲートウェイ駅は、建築家隈研吾氏をデザインアーキテクトに迎え国際交流拠点の玄関口として「和」を感じられる、折り紙をモチーフにした障子を想起させる大屋根のもと、駅と街が一体的に感じられる空間を目指しています。

駅レイアウト

駅サービス設備

①QRコード対応自動改札機

高輪ゲートウェイ駅では評価実験としてですが、QR コードによる改札機利用のを行う予定です。また車いすを利用してる方も使いやすいようにICカードのかざす部分の形状を工夫したものとなってます。

②駅サービスロボット

数々のロボットが導入されます。

①案内ロボット
AIを活用した案内ロボット・デジタルサイネージを試行導入、駅構内や周辺施設、 乗換案内のほか高輪ゲートウェイ駅前で行われるイベント情報を案内。

②警備・清掃ロボット(自律移動型)予め設定した移動経路を巡回しながら不審物などを検知する警備ロボット や駅構内の清掃を行う清掃ロボットを試行導入。

③移動案内・広告ロボット(自律移動型) 案内や広告宣伝を行う自律移動型ロボットや、駅構内の移動を支援するロボットの実証実験を行う。

③多様なデジタルサイネージ
列車運行情報などを表示するデジタルサイネージのほか、券売機上部の地図式運賃表に液晶ディ スプレイモニターを設置し日本語・英語を切換表示します。また改札内のイベントスペースに「鉄道テラスビジョン」を設置するほか、トイレの姿見には季節感などが感じられるサイネージミラーを採用します。

④鉄道テラスビジョン
車両基地だったこの場所には、明治5年に日本で初めて鉄道が開通したという歴史があり、将来は新たな国際交流拠点を目指す街が誕生します。「鉄道テラスビジョン」では、この地が過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点となることを表現する映像を放映されます。

駅構内の店舗

改札内にある2階には、無人AI 決済店舗「TOUCH TO GO」が常設店として初めて誕生します。また改札外の3 階には、スターバックスコーヒー ジャパンが多様化する働き方に対応する新店舗を開業します。

①無人AI決済店「TOUCH TO GO」
JR東日本が2020年に開業する高輪ゲートウェイ駅の概要を発表しその中で、商品を手に取るだけのウォークスルー買い物ができる無人AI決済店舗として、大宮駅・赤羽駅で過去2回の実証実験を経て、ついに高輪ゲートウェイ駅に常設店舗が誕生します。

f-money.linkより

②スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店(仮)

JR東日本がスターバックス コーヒー ジャパン とさまざまなビジネスシーン・多様化する働き方に対応していくことを目指した店舗です。電子マネー決済は当然の事、スタバ公式モバイルアプリから事前に注文決済し、レジに並ばず商品を受け取ることができるサービス「Mobile Order & Pay」の導入や、店内にブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を設置します。

STATION BOOTH
JR東日本が展開する駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」のブ ース型シェアオフィスです。完全個室の空間で電源・USB・モ ニタ・アロマなどを完備し、快適に仕事が行えます。現時点では、東京駅総武地下4階改札内、新宿駅甲州街道改札内、池袋駅メトロポリタン改札内、立川駅エキュート立川3階の4箇所で展開中です。https://www.stationwork.jp

最新技術を活用した旅の魅力発信

JR東日本が日本航空と連携し、最新技術を活用した旅の魅力発信に関する実証実 験を行います。『五感』で旅を疑似体験できるヴァーチャルリアリティを活用した機器を設置して、視覚や聴覚に加えて香りや風・ミストなどを活用して現地の魅力を再現し体験者は現地ナビゲーターに誘われ疑似旅を行います。

【場所】スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店(仮)内
【期間】店舗開業から約半年間
【利用可能時間】7時~21時

-ソフトウェア, ハードウェア, 交通, 施設, 空間
-

Copyright© fvpress.news , 2021 All Rights Reserved.