SBドライブが東京都港区イタリア街でハンドルがないバスの自律走行の実証実験

ソフトバンク株式会社の子会社である SB ドライブ株式会社は、自動運転を前提に設計されたハンドルなどがないバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」(仏 Navya 社製)の公道での実験を、 2019 年 7 月 3 日から 5 日の 3 日間にわたって、東京都港区のイタリア街で「NAVYA ARMA」の自律走行の実証を行います。

この実証では、国土交通省や警察庁に加えて、SB ドライブの共同研究先である東京大学 生産技術研究所 中野 公彦研究室をはじめとする関係各所と検討・協議の上、訓練を受けた運転手(SB ドライブの社員)と、運転手を補助する保安要員が車両に乗車して、緊急時は手動運転に切り替える他、不測の事態に備えるなどの十分な安全措置を取ります。なお、自動運転を前提に設計された車両が、一般車両の進入を制限して専用空間にすることなく公道を走行できるようになったのは、今回が国内で初めてです。

「NAVYA ARMA」は、GPS などで自車位置を測定し、3D LiDAR(レーザースキャナー)などで障害物を検知して、あらかじめ設定したルートを低速で自律走行することが可能な車両で、走行速度や車両に設置されたセンサーによる障害物の検知範囲などを、SB ドライブが走行環境に合わせて設定します。走行情報は、SB ドライブが提供する自動運転バス運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と連携させることが可能で、「Dispatcher」を通して遠隔地から走行の監視や車両の停止・発進、運転手への指示などを行うことができます※3。SB ドライブは、今後も「NAVYA ARMA」の公道での走行実証を行い、自動運転バスの社会受容性の拡大と事業化に取り組んでいきます。

■使用する「NAVYA ARMA」の概要

乗車定員 11 人(運転手を含む)
動力 電動機(定格出力 15kW×1 基)
車両寸法 全長 4.76m、全幅 2.11m、全高 2.65m
車両重量 2,470kg

karahiro

.NEWS3サイトの発行元

広告収入目的のwebサイト乱立による情報過多や、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに皆の目が“情報の出処”にも行く様になったでしょう

当サイトは「書き手がバイアスを掛ける事なく当事者が出した内容をそのままに」を理念としており、また以前熱海でカフェ店を運営していた際に感じた“情報に対する不正確さ不公平さ”を反面教師として発行を開始

当初はドメイン・サーバー代を賄う程度にAdSense広告を入れてたが仮に1円でも得ていたら説得力に欠けるし、自分の理念に時代が少しはマッチして来たかなと感じこれを契機に広告を全て撤廃し自信もって「金が目的ではない」を謡う

※詳細説明は個人blogにて

おすすめ記事